ようこそ、おまけの時間に (偕成社文庫)

著者 :
  • 偕成社
3.98
  • (23)
  • (11)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036517206

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぼんやり賢くんが、授業中に夢を見ます。同じ教室の中だけれど、先生がいなくて教室の中はいばらだらけで動けない。他のクラスメートたちはみんないばらの中で眠っている。12時のサイレンが鳴るときに夢を見始めたはずなのに、目が覚めるのはそのサイレンが鳴り終わる時。次の日も同じ時間に同じ夢。やっぱり動けないので、その次の日はカッターナイフを持ったままほうづえをついていたら、カッターナイフを持ったまま夢の世界にやってきていた。自分の周りのいばらを切って、ついでにとなりの席のこのいばらも切ったら、次の日の夢ではその子が目が覚めた。一緒に前の席の子のいばらを切って…。毎日少しずつ夢の世界で目が覚める子の数が増えてくる。みんないつもの世界とは別人で、いつもよりずっと魅力的なクラスメート達。みんなで一緒に力を合わせていばらをとりのぞきます。
     最初は不思議な世界のお話ですが、このお話の一番心を動かされるところは、子供たちが1年生から6年生まで、大人の力を借りずに、自分たちの力を合わせて大きな仕事に取り組むことです。みんなが同じことをするのではなく、自分の力に応じたことをします。力持ちは力仕事を、小さい子ははしごを出してきたり、道具を運んだり。学校中の色んなところでそれぞれが自分の適所と自分の仕事を考えでそれをすることで、全体の仕事が進みます。大きな子が指示を出すこともあります。普段の学校では目立たなかった子が大活躍をします。でもヒーローはいません。みんながそれぞれの仕事をしている、そのこと自体にみんな満足です。そして、やり遂げたときの達成感!最後はほろりとさせられます。

  • 授業中12時のサイレンが聞こえてきたと同時に、賢は夢の世界に入り込んでいた。そこでは茨が四方八方に入り乱れており、教室のみんなの体に巻き付いていた。その日から毎12時に夢の世界に行けることを知った賢は、茨を切り体を自由にして周りの友達も茨から解き放つのだった。
    いつもと同じだけど何かが違う、そんな夢の世界で自由に動けることができたならどうするか。そこで目覚めたクラスメイトはいつもと違う感じがしたのは何故か。そう思うと茨が何を象徴するものかが見えてきます。
    夢だと思ったから素直になれた。夢だと思ったから格好をつけられた。夢だと思ったからいつもと違う自分になれた。つまりそれは現実世界ではそうできなかったとのこと。夢で体の自由を奪っていた茨は、現実世界にもあるのかも知れない。
    そんなことを考えさせる部分と、いつもの学校だけどいつもと違う学校、そんな異世界を子どもの力だけで切り開いていく冒険の楽しさが絶妙に絡み合っています。だから読んでいてまず楽しさがあります。どうやって茨を切っていくのか、目が覚めた子らとの連携、先生や親にはナイショの時間。そんなドキドキする気持ちを高めてくれるのは、冒険の舞台が学校という子どもたちにとって何よりの日常だからかも知れません。

  • 授業中、12時のサイレンと同時に賢がはいりこんだ不思議な世界―そこでは、だれもが茨にまかれて身動きすることもできなかった―学校を舞台にくりひろげられるスリリングなファンタジーの世界。

  • この世界に行ってみたい。レッグウォーマーと手袋があれば、もう少し何とかなるし。
    あとがきがなるほどと思う。
    おまけっていいよね。S12

  • 普段の自分とは違う自分を演じてたのがばれた時のちょっと気まずい気持ち、わかるなぁ。

    でも、演じてた自分もじぶん。なぜなら、要素が自分の中になければ演じられない。
    いばらとの戦いが終わって、ほんの少しかっこよくなったみんなをみてそう思いました。

  • 小さい頃に読んだ本を読み返した。
    懐かしかったしおもしろかった!
    これは買って損はないと思う。
    無関心な子供が増えてる現代の小学生には読んでもらいたい1冊だと言えます。

  • 近くの工場の12時のサイレンがなり始めると茨に囲まれた世界にいる…

    おまけの時間を通してのクラスの変わり方…
    岡田淳さんの学校を通しての物語がよく出てると思います。

    最後とか泣きそうに…。

  • 幼心にわくわくした。夢が詰まっている。

  • 小学校時代の一時期、図書館に通う動機となったのがこの作品でした。この作品には、平々凡々な、とりわけ自分にコンプレックスを抱いている子供たちばかりが登場します。けれどそんな子供たちは、ひょんなことで遭遇することになった『おまけ』の時間で、新しい自分を発見・開拓していきます。『おまけ』とはなんて素敵な響きを持った言葉なのでしょう!けれどその『おまけ』は、お菓子にくっついている、時間の経過とともに存在すら忘れてしまうような軽々しいものではありません。むしろそれこそが宝なんだと思える『おまけ』です。子供たちが生きていく道に張り巡らされた茨に立ち向かう強さを得ていく、そんな作品でした。

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

岡田 淳(おかだ じゅん)
1947年兵庫県生まれ。神戸大学教育学部美術科在学中の1966年に「星泥棒」を自費出版。西宮市内で小学校の図工教師をつとめながら1979年に『ムンジャクンジュは毛虫じゃない』(偕成社)を発表。1981年『放課後の時間割』で「日本児童文学者協会新人賞」を受賞。教壇に立ちながら1年に約1タイトルのペースで作品を発表。数々の賞を受賞する。「こそあどの森」シリーズ(理論社)は国際アンデルセン賞オナーリストとなる。アジア各国では翻訳本も出版されている。岡田淳作品で読書嫌いが治った、本好きになったという人は多い。自著の挿絵も手がけている。
代表作に『二分間の冒険』、『選ばなかった冒険―光の石の伝説』など。

ようこそ、おまけの時間に (偕成社文庫)のその他の作品

岡田淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
ミヒャエル・エン...
宮部 みゆき
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印

ようこそ、おまけの時間に (偕成社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする