ムンジャクンジュは毛虫じゃない (偕成社文庫)

著者 :
  • 偕成社
3.91
  • (16)
  • (15)
  • (11)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :137
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036519309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ムンジャクンジュは毛虫じゃない 岡田淳 偕成社

    この文庫本は岡田さんの初めて出版されたハードカバーの本を
    書き直したものらしいから
最初の本と読み比べてみるのも面白いかもしれない


    小学校の図工の先生をしながら家で描いた物語が
    クチコミで広がって編集者の耳に入り
    出版されることになったのだという
つまり作家としてのプロで食べているわけでないところが
    媚のない素直は表現をいよいよ可能にしているのだろう


    図工の先生だから挿絵も自作だ
    もっとも後々の描き込まれた個性的な絵とはだいぶ違うけれどね
    物語の方は何度も何度も時間を掛けて描き直されて
    すこぶる練り上げられたストーリーの展開で
    読み手の心をはなさない


    岡田さんの物語は奇想天外でありながら
    違和感を与えずに納得させ
それとなく生き方へのメッセージを忍び込ませてある

  • 小学生の時に何度も読んだ本で、とくに印象深いこの本を、小学2年生の娘のために別のもう一冊とともに購入しました。
    どんなお話やったかなぁ〜と読み始めて、あぁやっぱり子ども向けやな..と読み進めていくうちに、どんどん話に引き込まれ、胸がぐっと熱くなりました。
    これは私の中では永久保存版。
    いつまでも大好きなお話です。
    超絶オススメ!!!

  • 童心とはこういうことか。
    懐かしいなぁ。
    読むに連れて行く自分も小学校時代へタイムスリップする。
    読みながら自分もクラスメイトの1人になって楽しんでた。
    岡田さんの話凄く好きです。

  • クロヤマのオレンジの花が見つかって山のてっぺんがはげ山に。
    出だしから異様な展開。

    花をたくさん食べるのに重くならないし、糞も出さない、一見毛虫のように見える生物?ムンジャクンジュ。
    花を倍々で食べていって、体もどんどん大きくなるムンジャクンジュがどうなっていくのか先が気になってどんどん読み進めてしまう。

    クロヤマソウは誰のもの?
    確かに自然に生えている植物は誰のものでもない。
    持って行かれたからと言って盗まれたとは言えない。

    クロヤマに住むムンジャクンジュにクロヤマソウを返そうと考える子供たち。
    結局最後は本当にムンジャクンジュがクロヤマソウを回収した形になる。
    糞も出さないし、クロヤマソウの匂いがするムンジャクンジュ。
    条件は提示されていたのに気付かなかったなんて。
    そうきたか、と思わず唸るラスト。
    きっと数本持って帰っただけでもムンジャクンジュが回収に来たのだろうなあ。
    もとのところから動かせないものというのはホラーや怪奇に多いものだけれど、それを自然の所有権と絡めているところが素晴らしい。

    ふわふわのムンジャクンジュを触ってみたい。

    岡田淳のデビュー作。
    投稿作品じゃないというのがすごい。

    読み終えたのは23日だけれど、書き込むのが間に合わずレビュー投稿は次の日に…。

  • なつかしい!
    図書館で借りたら、私の後に予約が2人くらいいた思い出。

  • どんどん大きくなっていくムンジャクンジュの行動にドキドキでした。

    中学1年生の私が残していた感想です。
    懐かしいです。岡田淳さんは今でも大好きな作家さんです。
    岡田さんの本を最初に手に取ったのは、小学校6年生ぐらいの時だったと思います。
    どの本もすごく面白くて、のめり込めます。読みやすいし、オススメです。

  • ※図書館に蔵書あり

  • 【あらすじ】
    ムンジャクンジュって、いったいなんだ?毛虫のように見えるけど、ふわふわしてぬいぐるみみたい。いいにおいがして、人なつっこいところもある不思議な生きもの―。伝説の山・クロヤマで良枝が花畑を見つけた日から、やがて大騒動が持ちあがってゆく十五日間の物語。自然とひととのかかわりあいを考えさせる傑作児童文学。小学上級から。

  • 岡田さんの本は面白いなあ!

    ある日、クロヤマに咲くクロヤマソウを見つけた事から話ははじまる。
    たちまちその花は人気になって街中の人が積んで持ち帰った。
    良枝はクロヤマソウについたちいさな毛虫のような生き物を見つける。それはクロヤマソウを食べて育つみた事もない生き物だった。克彦と稔に協力を仰ぎ育てていたが、ムンジャクンジュと名付けた生き物はどんどん大きくなり、物語は次第にクラスメイト全員、先生、警察、街中の人々を巻き込んでいく。

    バイト先の塾で教材として使ってる本だったんだけどなるほど、使いやすそうな本だね!
    話も面白いし、ちょうど小学生が主人公だし、倍の法則とか問題にしやすいね…


    岡田さんの処女作だそうで…
    話の最後は多分こうなるんだろうなぁとは思ったけど引き込まれるから面白くてドンドン読めた

  • お話の世界に引き込まれました。
    不思議で、ちょっと切なくて。本当におもしろかったです。

全10件中 1 - 10件を表示

ムンジャクンジュは毛虫じゃない (偕成社文庫)のその他の作品

岡田淳の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

ムンジャクンジュは毛虫じゃない (偕成社文庫)はこんな本です

ムンジャクンジュは毛虫じゃない (偕成社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする