オリエント急行殺人事件 (偕成社文庫)

制作 : Agatha Christie  茅野 美ど里 
  • 偕成社
3.65
  • (10)
  • (12)
  • (22)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (422ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036520404

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 洋書ならではの抑揚感を無理やり訳した雰囲気に加え聞き取りシーンの長さが読みづらさに繋がってしまいましたが、細かい設定から最後の大切な点までしっかり楽しめました

  • 初めての推理小説でしたが、本当に読みやすく、トリック当てや犯人当ても最後まで楽しく出来ます。良い意味で最後まで読まないと意味が分からない犯人、トリックです。シリーズ通して読みます!

  • 犯人を分かっていながら読んだが、身分も年齢も性別もバラバラな乗客たちの証言だったり、態度だったりが、どこでどう繋がっていくのか……最後まで楽しめた。
    解説にもあるように、それぞれの人物の描写や引き出し方が、すごく上手いと思う。ラストで全てが繋がった時は、思わずため息が出た。

  • 図書館で名前だけ見て予約したら 児童向け文庫でした。といっても完訳とあったので、文章に過不足は無いのかな?ほとんどの漢字には ふりがながふってあります。

    実は 読んだことは無いのに 犯人を知っていたので(その昔、ご親切に種明かしをしてくれた人=夫 がいたもので)、逆の意味で興味深かったです。かなり大胆な結末で、答えを知っていても やっぱり驚きました。まじ?

      

  • オリエント急行上で偶然殺人現場に居合わせたポアロが、乗客の中から犯人探しをする。
    大胆なトリックが爽快。
    茅野さんの翻訳は、大人になった今でも面白く読みやすい。

  • 発想がすげぇ。

  • 厳冬のヨーロッパを走る国際列車オリエント急行が大雪のため立往生してしまう。その車内で老富豪が殺された。犯人は乗客のなかにいる、しかし乗客の全員に完璧なアリバイが…大胆なトリックとポワロの名推理が冴えるアガサ・クリスティの代表作、新完訳版。

  • 私はやっぱり推理小説は苦手みたいです…
    面白いとは思ったんですけど、
    結構分からないことだらけでした。

  • ぐえ。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1890年、英国、デボン州生まれ。本名アガサ・メアリ・クラリッサ・ミラー。別名メアリ・ウェストマコット、アガサ・クリスティ・マローワン。1920年、アガサ・クリスティ名義で書いたエルキュール・ポアロ物の第一作「スタイルズ荘の怪事件」で作家デビュー。以後、長編ミステリ66冊、短編ミステリ156本、戯曲15本、ノンフィクションなど4冊、メアリ・ウェストマコット名義の普通小説6冊を上梓し、幅広い分野で長きに亘って活躍した。76年死去。

「2018年 『十人の小さなインディアン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オリエント急行殺人事件 (偕成社文庫)のその他の作品

オリエント急行殺人事件 偕成社文庫 Kindle版 オリエント急行殺人事件 偕成社文庫 アガサ・クリスティ

アガサ・クリスティの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
アガサ・クリステ...
三浦 しをん
アガサ クリステ...
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする