吾輩は猫である〈上〉 (偕成社文庫)

著者 : 夏目漱石
制作 : 司 修 
  • 偕成社 (1996年6月1日発売)
3.38
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 23人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (371ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036521203

吾輩は猫である〈上〉 (偕成社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ちびっこ向けに疲れてきた(あきてきた?)ので何か大人向け読みたい~と思って目に付いた猫^^

    あの有名な1行目と、主人の名前は知ってたけど
    読んだことありませんでした。
    学生時代、1章だけ読んだかもな~
    でもつまんなくてやめたんだったような

    でも今読んだらなかなかおもしろかったです。

    歌舞伎に行きたくないだけで病気になる偏屈なくしゃみ先生も、
    そんな旦那さんに愛想尽かしながらもいいカップルな奥さんも
    うそばっかりついてる迷亭さんも
    なんだかつかみどころのない寒月さんも、
    もちろん語り手の名無しのねこさんも、
    キャラクターがみんなたのしいし、

    言葉使いやいちいち訳注見ないとわからないうんちくもたのしい

    漱石はそんなにたくさん読んでないけど、けっこう好きかもなあ

    書斎にとじこもった生活ばかりの「牡蠣的生涯」から
    先生の形容詞が「牡蠣的主人」になり
    とうとう「牡蠣先生」にまでなるのがたのしい
    ネーミングセンスがなあ・・!いいなあ。笑

    でもこんだけ面白い面白い言っててあれだけど、
    別に物語っていうほどの物語があるわけでもないので、
    これ下巻は読まなくていいかな・・

    でも手元に他に読む本がないので
    いたしかたない。読みますか^^

  • 小学生の頃に読みました。難しかった。しかし、故、読み直す気はまだ無い。

全2件中 1 - 2件を表示

吾輩は猫である〈上〉 (偕成社文庫)のその他の作品

夏目漱石の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

吾輩は猫である〈上〉 (偕成社文庫)に関連する談話室の質問

吾輩は猫である〈上〉 (偕成社文庫)はこんな本です

ツイートする