死のハーブ ほか―アガサ・クリスティ推理コレクション〈4〉 (偕成社文庫)

制作 : Agatha Christie  茅野 美ど里 
  • 偕成社 (1997年11月発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 14人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036522309

死のハーブ ほか―アガサ・クリスティ推理コレクション〈4〉 (偕成社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短編集なので、読みごたえは長編には及ばないけれど、ぱっと読みやすくて楽しめた。
    「ふたり連れ」「死のハーブ」の二編は、謎めいた事件をお題に、語り手だけが犯人を知っていて、その場にいる人々で推理していく、という方法が面白かった。
    「ポリェンサ湾の難題」は、探偵さんのした仕事がさらっとカッコイイ。
    「牧師の娘」「大使の靴」の二編は、探偵が夫婦で、しかも奥さんもちゃんと頭がキレる方なのでストレスなく読めた(笑)。この二人のやりとりとか、関係性が素敵。

全1件中 1 - 1件を表示

アガサ・クリスティの作品

死のハーブ ほか―アガサ・クリスティ推理コレクション〈4〉 (偕成社文庫)はこんな本です

死のハーブ ほか―アガサ・クリスティ推理コレクション〈4〉 (偕成社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする