検察側の証人 ほか―アガサ・クリスティ推理コレクション〈5〉 (偕成社文庫)

制作 : 茅野 美ど里 
  • 偕成社
3.86
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036522408

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ジェーンの就職」と「リスターデール卿の謎」の二編は、推理小説というのとは少しテイストが違ったが、すごく私好みだった。幸せの予感を感じさせる終わり方がたまらなく好きだ。すてき!
    「検察側の証人」のラストのどんでん返しにはびっくり。テンポも良くて面白い。原作が良ければ良いほど、実写化を喜べない私だが、これは映画の方も観てみたいと思った。
    「アーサー・カーマイケル卿の奇怪な事件」はオカルト系。個人的には他の三編がとても好きだったので、可もなく不可もなくといった印象だった。

  • アガサ・クリスティーの小説のなかで1番好きかもしれません。
    最初は小説版を読んで、すごく興奮しました。
    次にオリジナルの戯曲版を読んでさらにテンションが上がりました!

全2件中 1 - 2件を表示

アガサ・クリスティの作品

ツイートする