タイムマシン (偕成社文庫 (3234))

著者 : H.G.ウェルズ
制作 : 佐竹 美保  H.G. Wells  雨沢 泰 
  • 偕成社 (1998年7月1日発売)
3.78
  • (7)
  • (7)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036523405

タイムマシン (偕成社文庫 (3234))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今更ながらの超名作。
    ついに、タイムマシンを発明したトラベラー。未来は、地下で暮らす野蛮なグル―プと、地上で暮らす非力なグループにわかれていた。
    そこは、人が殺される世界。
    大冒険ののちに、現代に戻ったトラベラーは、仲間に体験を話すと、もっと長い旅に出る、という。そのまま戻ってこないというストーリー。

  •  タイムスリップする時は、夜中の12時に 13回うつ時計に誘われたり、古い屋敷で昔暮らしていた人たちと出会ったり、ラベンダーの花をかいだり タイムトラベラーに抱きかかえられたりして・・・・。いつも本人の意思とは関係なく 偶然に遠い時代に行きます。
     この物語の主人公は 自分の意思で八十万年先の未来に向かうのです。その未来の 私たち人間の姿はどうだったのでしょうか。なんとか 今の時代に帰って来たタイムトラベラーが教えてくれます。けれど 再度ちがう時代に行ってしまって、まだ、帰って来ません。
     時々、交通事故にあった人で どうしても身元の分からない人って いますよね。 それって・・・・・。

  • 小学生か中学生の時に買ってもらって以来長らく本棚に眠っていたのを掘り出して読みました。
    2002年発行の第7刷。映画化があったので当時小中学生向けコーナーでも目立つように置かれていたんじゃないかなぁ。

    難しい漢字は避けられていますが、分かりやすく現代的な訳になっています。
    完訳版なので(部分抜粋じゃないので)ちゃんと物語の全文を読むことができます。
    19世紀のイギリス。とある科学者が自分で発明したタイムマシンに乗って時空を旅した体験を医師や新聞編集長、市長といった友人達に語る形式でお話が展開します。
    イギリスなので上流階級のお友達同士という感じでしょうかね・・?
    タイムトラベラーは19世紀から八十万二千年後の未来に降り立ちますが、
    彼の期待に反してそこでは人類が滅亡しかけている。
    身分の差を解消するどころか更にその差を大きく極端に広げていきながら科学を発展させ進化した人類は、
    美しく貧弱なイーロイ人と長い地底生活で獣のような姿に成り果てたモーロックス人に分かれ、
    かつての支配と被支配階級の立場を逆転させていた。
    タイムマシンのイメージを世におくりだしたウェルズ。
    19世紀人としてこの物語を書いていたんだから想像力に溢れていたんだろうなと思います。
    科学の発展の時代の中で人間の幸福について考えを巡らしたのでしょうか。
    未来社会を悲観的に描いていますが最後の一文に著者の希望を感じます。


    メモ
    イーロイの女(の子?)ウィーナちゃんが映画だと結構セクシーな女性に変更されていたような気がします。
    現代=21世紀を見るというのも映画版独自の展開でした。

  • 「タイムマシン」を初めて科学の側面から解説した、タイムトラベル系SFの草分け。内容はどちらかというとアクションだが、設定が奇抜で話のテンポも良いので読んでいて飽きない。

  • タイトルは超有名だけど、読まれていない名作なのではないでしょうか。僕にとってもそうでした。いやはや。
    もっと色々な時代を行ったり来たりする話かと思いきや、いきなり80万年後の世界に飛びそこで繰り広げられる冒険活劇が主体でした。価値観や行動倫理に19世紀末の西洋人的なものが見えますが、今読んでも面白いですね。こういう荒唐無稽な物語ほど、後世に読み継がれるのかも。

  • 角川版に続いて読みました。子供向けとはいえ、子供に擦り寄った翻訳ではなく、でも難しいところには適切な訳が置かれて私のように科学・物理系でない大人にも適しているかも。タイムマシンがタイムトラベリングするシーンの描写などは見事だし、叙情性もあるし、読んでいてわくわくしました。でも地球の未来ってどのSF読んでも暗いですよね・・・なんとか救いになるものが現れないかしら・・・。

  • 難しいけど面白い。

全7件中 1 - 7件を表示

H.G.ウェルズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
村上 春樹
東野 圭吾
村上 春樹
乙武 洋匡
ジェラルディン ...
フランツ・カフカ
ラルフ・イーザウ
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

タイムマシン (偕成社文庫 (3234))に関連する談話室の質問

タイムマシン (偕成社文庫 (3234))はこんな本です

ツイートする