ジョン万次郎漂流記 (偕成社文庫)

著者 :
制作 : 宮田 武彦 
  • 偕成社
3.42
  • (5)
  • (5)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 82
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036523900

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジョン万次郎の話が知りたくて読みました。
    以前、漂流の話を読んだ時も思いましたが、外国の人達は、漂流者をとても親身にに助けるんだなと感じました。

    他の話は、言葉が難しくて理解しずらかったです。

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50110201

  • 「山椒魚」は教科書に載っていた。いま読んでも、なんだかよくわからない話だ。その「なんだかよくわからない」点が井伏鱒二の味なんだろう。ぼくの趣味ではないけれど。

    「作者の言いたいことを述べなさい」みたいな試験問題があったことを思い出す。「作者の言いたいこと」はなんだかわからないが「採点をする先生が書いてほしいこと」は簡単にわかるので、現国の成績はいつもよかった。今だったら「”作者の言いたいこと”を数十文字で書けるのなら、作者は小説を書く必要はありません。ここに解答を書くなら山椒魚をまる写しするしかなく、スペースも時間も足りません」みたいなことを書いて、0点をもらうことになっただろう。

    ジョン万次郎の話が読みたかったのだが、あらすじ紹介みたいで、期待はずれだった。

  • (チラ見!/文庫)

  • ジョン万次郎が、文庫で出ていることを、岩波の「図書館に行こう」を読んで知りました。
    子供の頃、冒険物語が好きで、子供向けのものを読みました。
    久しぶりに、読んでみると、人の苦労が分かるようになっている自分に気がつきました

  • 未読

  • ジョン万次郎。とにかく、その一生について読んでみたい人物だ。

  • 司馬遼太郎の読みやすい歴史小説を読んでいたせいかすごく読みにくかった。井伏鱒二って山椒魚とか書いている人だっけ?うーむ有名な作家だけど読めなかったなぁ。

全9件中 1 - 9件を表示

ジョン万次郎漂流記 (偕成社文庫)のその他の作品

井伏鱒二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヴィクトール・E...
東野 圭吾
ヘミングウェイ
伊坂 幸太郎
デール カーネギ...
遠藤 周作
村上 春樹
三島 由紀夫
宮部 みゆき
和田 竜
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする