ぼくのお姉さん (偕成社文庫)

著者 : 丘修三
制作 : かみや しん 
  • 偕成社 (2002年9月1日発売)
4.25
  • (8)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :109
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036524105

作品紹介

障害を持つ姉が働いて得た、はじめてのお給料。このお給料が家族にもたらす小さな奇跡を描いた表題作他、六人の主人公が体験した胸の奥の痛み。坪田譲治文学賞、新美南吉児童文学賞、児童文学者協会新人賞、赤い鳥さし絵賞等、数かずの受賞に輝いた、感動の連作短編集。小学上級以上向き。

ぼくのお姉さん (偕成社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 丘修三の代表作で評価が高く、大抵の学校図書館にはあるが、子どもが借りない本。
    多分表紙絵の地味さ、タイトルの地味さでまず読む気をなくし、内容は「障害者の話」と知るともっと読みたくなくなるという構造。正直言って「ゾロリ」や「マジックツリーハウス」の洗礼を受け、「若おかみ」や「怪談レストラン」を児童書の王道と思っている子どもには敬遠されるのは仕方ない気もする。
    この本を「障害者の子どもとそのまわりの子ども」の物語とするから道徳の教科書みたいなイメージになっちゃうのよ。「歯型」「こおろぎ」なんて、障害の有無を越え(大人も含む)人間の弱さを描いた作品だと思う。
    障害者とどうかかわるか、という発想自体が差別的で、ここには「人間と人間」のふれあいが描かれているし、だからこそ価値がある。
    ぜひ表紙にカバーをかけて(いや、読んでみればいい挿絵なのだけど、アニメ調の絵が好きな子は絵で決めるから)「歯型」を大人が読んであげたらどうかな。
    これは本当に普遍的な話なんだよ。

  • 5年ほど前に一度読んでいますが、再読です。

    障害者をテーマに扱った作品はたくさんあると思いますが、
    それらは筆者の気持ちが障害者寄りになりがちです。
    この作品は健常者と障害者の中立的なポジションで書かれており、
    斬新な角度から障害者を捉えているように思います。

  • 日本の小学生全員に読ませたい本。
    「障害者」を物語のキーに据えた6つの短編集。作者は特別支援学校で長く教鞭を取られた方で、「障害者と非障害者が〈共生〉するためには」をずっと考えて来られたそうです。

    タイトルにもなっている「ぼくのお姉さん」はダウン症の姉を持つ男の子が主人公。姉をからかわれた経験から、学校で出された「兄弟についての作文」を書けずいました。そんなある日、作業所で働いてるお姉さんは家族にあることを提案し・・・。
    優しく心温まる話である一方で、作業所で働く人々は自立なんて不可能であるぐらいに低賃金であるという現実にも目が向けられており、「ただの美談」では終わらず、障害者の労働について考えさせられます。
    他の話も「障害者だからという理由で理不尽な目に遭う」姿などが描かれており、子ども向けに書かれた本(小学校高学年から)ので読みやすいあるけれど深いです。たくさんの人にぜひ読んで欲しい。

  • 子どもに読ませたい。
    子どものときに、子どものこころで受け止めてほしい。

    少し時代背景が古いので、知恵おくれとか言わなくなったし、障害児が普通学校にいるパターンもあるので、障害児をとりまく空気が、あたたかくなっていると思いたい。

  • 新美南吉児童文学賞、赤い鳥さし絵賞受賞作品。
    障がいを持つ子ども達と、持たない者との関わり合いを描く作品集。
    挿し絵の表情が印象的。

  • n:自分の妹がダウン症です。『ぼく』の気持ちも分かるし、家族の気持ちも分かります。
    溜め込んでいた気持ちが、文字として読むことで、開放された様に泣いてしまいました。

  • 新聞の書評を見て。児童向けに書かれた、障がい者にまつわる短編集。ホロリとくるものもあれば、後味の悪いものもあり。フィクションではあるが、作者の経験に基づくものだろう。「共生」は難しいものだと考えさせられる。

  • 30年前に書かれ、数々の文学賞を受賞した本です。
    ダウン症・脳性まひ・精神発達遅滞と様々な障害を持った子どもが登場します。
    そこには、中途半端な同情など一瞬で吹き飛んでしまうくらい
    むき出しの現実だけが描かれています。
    大人の私でさえ、読んでいて辛くなる場面が何度もあったのだけれど
    この本をすべての小学生に読んでほしい。
    この本を読まずに大人になってしまったすべての人にも読んでほしい。
    『人の心の痛みがわかる』世の中は、
    障害を持った人にもそうでない人にとっても
    きっと生きやすい世の中だと思うから。

  • 教育福祉学科1年の方

    資料ID:W0135358
    配架場所:2F文庫書架

全9件中 1 - 9件を表示

ぼくのお姉さん (偕成社文庫)のその他の作品

丘修三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする