モンテ・クリスト伯[下] (偕成社文庫)

制作 : 大友 徳明 
  • 偕成社
4.00
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036526604

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かつての恋人、メルセデスとの再会が白眉!いいですね〜。
    作者のアレクサンドル・デュマが【三銃士】や【王妃マルゴ】も書いた方だと知りませんでした(^^;;。巌窟王イコールモンテクリスト伯だって事も初めて知りましたよ。和製ダングラールが段倉なのね〜。和製の黒岩涙香の【巌窟王】も読んでみたいです。それから【椿姫】の作者デュマフィスがこのデュマの息子だったのですね。解説に釘付けでした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1802-70。フランスを代表する小説家・劇作家。生涯に長短合わせて250篇あまりの作品を書いたとされる。主な作品に『コルシカの兄弟』『モンテ・クリスト伯(巌窟王)』『三銃士』『ブラジュロンヌ子爵(鉄仮面)』『ダルタニャン物語』『王妃マルゴ』『王妃の首飾り』など。

「2016年 『ボルジア家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アレクサンドル・デュマの作品

ツイートする