選ばなかった冒険——光の石の伝説 (偕成社文庫)

著者 :
制作 : 岡田 淳 
  • 偕成社
3.95
  • (16)
  • (13)
  • (12)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 148
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036526703

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学校の保健室へ向かう途中、青木学は安田あかりに、寝不足になりながら遊んだテレビゲーム「光の石の伝説」のことを話していた。その途中、学たちはふと階段がいつまでも続いていることに気づく。そして、話していたゲームの世界に入り込んでしまったこと、眠ると互いの世界に行ってしまうこと、光の石を手に入れなければ冒険が終わらないことを知る──。いつも通りの学校生活と生死を賭けた戦いの日々その両方を送ることになった少年少女の物語。
    岡田淳さんの数ある名作のひとつ。読み終えた後の余韻が凄まじい、心を鷲掴みとはこのこと。RPGの世界なのに無闇に殺生するのは良くないと考えるところ、PSソフト「moon」を彷彿させる、調べたら同年発売でした。「moon」と同様にゲームの主人公は学たちではなく別であるのも良い。ゲームの世界にのみ存在するバトルやメル、モグラ男たちは、もし学たちがゲームの主人公だったら話が進まなかったと思うし。あかりがその彼らに願ってほしいことを話す場面、思わず泣きそうになるぐらい好き。結末までの数ページに思わず目を見開く。これは読了した人同士で語り合いたくなる。子どもだけでなく大人にも読んでもらいたい。

  • お話の設定が凄く面白く、ユニークで読み行ってしまいます。現実の世界と夢の中の世界がつながっていて不思議なことに、夢の世界はある学校で流行っているゲームの世界と似ているのです。変わりない学校の校舎で行われるサバイバルゲームにキャラクターとし出てくる「学(まなぶ)」と「あかり」そのゲームのメインキャラクターは彼らではなく勇太という学校にいる少年です。

  • 長男の読み聞かせに用いた本。

    久しぶりの岡田淳。

    たぶん作者の発想の原点になったのは、当時のRPGにおける、敵を殺して経験値を稼いでいくという
    「作業」化したルーチーンへの違和感だったのではないか。
    そこから、岡本自身の創造してきたファンタジー世界と、日常との関係に関するメタフィクション的な考察が行われている。

    表題の「選ばなかった冒険」は、「光の石の伝説」というコンピューターゲームの開始場面で、「冒険におもむく」ことを選択しなかった物語の主人公、学が、夢の中において、リアルとしか思えないようなかたちで、ゲームの世界に入り込んでいく、という過程を意味しているのだろう。

    また同時に、このゲーム世界にまきこまれていく、もう一人の主人公あかりが、このゲームの目的も手段も拒否して、非暴力をつらぬこうとする過程としての「冒険」を意味しているのかもしれない。

    物語の中の生を、ゲームとしての「決まり事」にせず、より重い、真実味のある第二の世界として体験できてこそ、それが私たちにとってより「深い」体験になるのだ、というのが岡田の信念なのだろう。そのために、まずは現実の世界とのつながりを確保するのだが、ここではゲームの世界の登場人物たちが、そのもっとも弱い「スライム」的な存在にいたるまで、現実に知っているクラスメイトの分身である、という設定がおかれる。
    そして、一部の登場人物は「ゲームらしく」、同じ状況では決まったセリフしか述べないが、残りの登場人物とは、きちんと対話ができるという対比を通じて、その物語の脇役一人一人までが、それ自身の生を生きていることを実感させることの重要さ、逆に、ゲームの基本構造が要請する「目的」にあえて乗らないことで得られる自由の意味が語られる。

    その一方で、リアルな第二世界は、最終的に消滅することによって、現実世界にその世界を引き継ぎ、現実世界そのものをより豊かにしていくんだという岡田のファンタジー観が強調されているように感じた。

  • もう20年くらい前の創作なのに古臭くない
    テレビゲームの世界のパラレルワールドかな
    冒険なんだけどなんだか切ない
    ゲームの世界がどんどん緻密になっているようだけど
    いいのかなあ
    選ばないでほしい
    ≪ 送られて 人格なくし 記憶まで ≫

  • 俺、この主人公と考え方が違う。
    俺だったら、そういうやりかたはしないかな。
    選ぶのも攻撃だけじゃなくてさ。S12
    すでに物語よりゲーム話となっているような。
    最後、はあ?なにしてんの。
    おまえ何してくれてんの!って展開。
    あいつ、どうなってんだよ。信じられねー。

  • 中1の頃学級文庫で読んだ本、タイトルも著者も忘れて表紙と内容のおぼろげな記憶で探していたところ、なんと旅先の図書館で再会し、即購入。
    あー懐かしい!と思いながらも、10年経ってから読んでもはらはらどきどき、一気に読んでしまう岡田ワールドはすごい。
    夢も現実もどちらも現実というありそうでなかった話。

  • 今月の読書クラブ「本とワインの夕べ」の課題。岡田淳さんの本。どちらがリアルな世界なのかをかき混ぜる構成は見事。
    読後はいくつもの謎がのこる。闇の王は誰だったのかとかね。この作品が憲法9条論になっていると読むのは、読み過ぎかな。

  • なんか、腑に落ちなかったなぁ。でも、ゲームの中のNPCのアイデンティティーや自然権に思いを馳せさせるという目論見で、ゲーム好きな子に読ませたい。ゲーム好きではない子には絶対に読ませたくない。

  • 六歳の娘への読み聞かせ用。まだちょっと難しいかな?

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

岡田 淳(おかだ じゅん)
1947年兵庫県生まれ。神戸大学教育学部美術科在学中の1966年に「星泥棒」を自費出版。西宮市内で小学校の図工教師をつとめながら1979年に『ムンジャクンジュは毛虫じゃない』(偕成社)を発表。1981年『放課後の時間割』で「日本児童文学者協会新人賞」を受賞。教壇に立ちながら1年に約1タイトルのペースで作品を発表。数々の賞を受賞する。「こそあどの森」シリーズ(理論社)は国際アンデルセン賞オナーリストとなる。アジア各国では翻訳本も出版されている。岡田淳作品で読書嫌いが治った、本好きになったという人は多い。自著の挿絵も手がけている。
代表作に『二分間の冒険』、『選ばなかった冒険―光の石の伝説』など。

岡田淳の作品

ツイートする