フランダースの犬 (偕成社文庫)

著者 : ウィーダ
制作 : 佐竹 美保  雨沢 泰 
  • 偕成社 (2011年3月17日発売)
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784036527007

フランダースの犬 (偕成社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 金持ちと同じと呟いたネルロのセリフが胸を打ちました。裕福は心で決まるのだなと心底感じられる一冊。

  • Original title:A Dog of Flanders.
    教会でNelloとPatrascheが教会で死んだsceneしか知らないので、
    死ぬまでの過程に色々驚きました。
    先ず10歳でNelloは死ぬのかと思っていたのですが、15歳だったのですね。
    animaでは10歳位に見えたので。
    後、PatrascheがNello達に出逢うまで金物屋にこき使われていた事にも驚きました。
    そして心情はBelgiëと同じで、この作品が名作を冠する理由が解りません。
    絵が入選せず賞金の大金が手に入らず、Nelloが人生に絶望して死を選んだだけです。
    Nelloの行動よりも其処に暮らす当時の人々の町の様子や生活、美術作品に興味が持ちました。

    前半のこの話が暗かっただけに後半の「アルビーノの子供」は明るくて、偉大な画家になる子供時代のRaffaelloの無邪気な行動が描かれて、和みました。

    最後の黒絵の具の話も最後は森や鳥たちの役に立った黒絵の具に感動しました。

  • 2011年12月23日

    <A Dog of Franders>
      
    装幀・本文デザイン/田中明美

  • ベルギー、アントワープなどを舞台とした作品です。

全4件中 1 - 4件を表示

フランダースの犬 (偕成社文庫)のその他の作品

ウィーダの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

フランダースの犬 (偕成社文庫)はこんな本です

ツイートする