シュトルーデルを焼きながら

制作 : 井江 栄  Joanne Rocklin  こだま ともこ 
  • 偕成社
3.33
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037266707

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シュトルーデル。小麦粉の生地を薄くのばして、スライスしたリンゴやクルミを包み込んで、くるくる畳んでオーブンで焼く伝統のお菓子。
    焼いている時間はお話の時間。お話は熱いオーブンにそっと入っていって、なめらかなシュトルーデルの皮をいっそうなめらかにし、砂糖をいっそう甘くする。シュトルーデルが焼きあがったときに、お話は薄切りリンゴのあいだにしっかりとはさまっている。シュトルーデルはお話の味がする。
    幽霊たちと踊った男の子の話。金に変わったリンゴの話。もう一度幽霊になった男の子の話。ロシアからアメリカに渡ってきた女の子の話。シュトルーデルが大嫌いな男の子の話――。
    シュトルーデルを焼きながら、親から子へ、祖父母から孫へと語り継がれる物語。
    それは家族の歴史。19世紀末ロシア領オデッサ、黒海のほとりから始まり現在のアメリカに至るまで、100年にわたって連綿と続き、語られるユダヤの人々の苦難の歴史。

    大好きなおじいちゃんが亡くなって一週間経った朝に、生前おじいちゃんが作ってくれたシュトルーデルをふたりで作るロリとジェシカ姉妹。そして代々シュトルーデルとともに伝えられてきたという、おじいちゃんが語ってくれたお話を始める。
    だってシュトルーデルにはお話がつきもの。お話のないシュトルーデルなんてただの小麦粉のかたまりでしかない。
    こうしてシュトルーデルも一族の物語も、新たな世代に受け継がれてゆくのだ――。 

    作者あとがきによると、作者自身が幼い頃、食事の支度の時、食べている時などに年上の家族や親戚が話してくれた物語の記憶の断片を想像で補いつつ書き上げられた作品。料理とともに一族に脈々と受け継がれてきた“お話”。それはユダヤ人迫害の歴史そのものだが、悲惨な歴史は子供の目線と伝聞形式のためか淡々と語られている。
    しかし巻末の家系図にはある代、系譜の片隅にいくつか「家族全員が1940年代に殺される」と記されている。その部分が、ごく普通の人々の思い出話が、ユダヤ人が味わった苦難の深さそのものだと訴える。
    ユダヤ人がこれまでに味わった苦難。それを乗り越えて生きる家族の絆。そして、辛い過去さえも語り継がれていく未来があるという希望に満ちた児童文学。

  •  アメリカに住むユダヤ系の家族に伝わる伝統のお菓子、シュトルーデル@。そして、シュトルーデルを作りながら、語り継がれる家族の物語。

  • 大震災の中で読みました、一つでいいから我が家のレシピを伝えたいと思いました。ゆっくりとした時間を過ごした人々、羨ましい

全3件中 1 - 3件を表示

シュトルーデルを焼きながらのその他の作品

1-0385326025の詳細を見る ハードカバー 1-0385326025 ジョアン・ロックリン
Strudel Stories 図書館 Strudel Stories ジョアン・ロックリン
Strudel Stories ペーパーバック Strudel Stories ジョアン・ロックリン

シュトルーデルを焼きながらはこんな本です

ツイートする