遠く不思議な夏

著者 :
制作 : 森田 みちよ 
  • 偕成社
3.97
  • (10)
  • (18)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 95
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037271305

作品紹介・あらすじ

母の郷里ですごした、少年時代の夏休み。そのなんでもない田舎ぐらしの中でぼくは幻とも現実ともつかない不思議なできごとに出会う。昭和三十年代を舞台につづる12の奇譚。小学校高学年から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 斉藤少年の幼少期の不思議な体験。読み進めて行くうちに、ウンウンと頷くこともあり、田舎の大きなお家ならこれ、こんなことあるよねー と。
    幼少期には大人には見えない、感じないものが、、
    このリアル感は夏にはぴったり。
    大人が読んでも面白い。

  • 【図書館】『オレンジ色の不思議』『水色の不思議』と 斉藤洋作品の“不思議”とタイトルに付いてる本を読んで、たいへん面白かったので、こちらの本も読んでみた!ちょっと怖いところもあって、それも不思議で……。きっつぁんがとても気になる存在でした。

  • 夏休みを田舎で過ごし、不思議な体験をする男の子の物語。小説版のぼくなつみたいのかなと思って読んだけどそんなことはなかった。夏っぽいBGMと共に朗読するといい雰囲気でそうだな。

  • 昭和三十年代の地方を舞台に、少年時代に夏休みにすごした母のふるさとで出会った12の不思議なできごとをつづる

    現実とも幻とも自伝とも創作とも読める奇譚集は斉藤洋の得意分野

    「書いた本の中でいちばん好きな本は?」という読者(小学生)の質問に著者があげた本のひとつ、2011年刊

  • 母の郷里ですごした、少年時代の夏休み。そのなんでもない田舎ぐらしの中でぼくは幻とも現実ともつかない不思議なできごとに出会う。昭和三十年代を舞台につづる12の奇譚。

  • 子どものころ毎年夏に行ったは母親実家がある田舎の思い出。
    ちょっと不思議な体験を忘れないうちに書き留めたという設定。
    時代は昭和30年代から40年代。
    座敷わらしのような、不思議なものが見える少年。

  • 面白かった! そもそも田舎の土着的雰囲気が好きなんです。

  • 小さいときに毎年のように行っていたおばあちゃんちのことを思い出した。不思議な話は少しどきっとしたし、夏独特の、あの不思議で懐かしい感覚がしました。

  • 大人には見えない、不思議な存在。
    そんな、不思議な夏の記憶。


    児童文学だけど、大人になってから読みたい1冊。

  • 人間と共存している

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1952年、東京都生まれ。。1986年、『ルドルフとイッパイアッテナ』で講談社児童文学新人賞受賞、同作でデビュー。1988年、『ルドルフともだちひとりだち』で野間児童文芸新人賞受賞。1991年、路傍の石幼少年文学賞受賞。2013年、『ルドルフとスノーホワイト』で野間児童文芸賞受賞。その他「ペンギンたんけんたい」シリーズ、「おばけずかん」シリーズ、/講談社、「白狐魔記」シリーズ/偕成社、「西遊記」シリーズ/理論社 「ナツカのおばけ事件簿」シリーズ/あかね書房、など著書多数。

「2018年 『古事記─日本のはじまり─』 で使われていた紹介文から引用しています。」

斉藤洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
斉藤洋
宮下 奈都
柏葉 幸子
パトリック・ネス
柏葉 幸子
富安 陽子
福田 隆浩
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする