青の読み手

著者 :
  • 偕成社
4.16
  • (9)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 145
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037273408

作品紹介・あらすじ

王都の貧民街で暮らす少年ノアは、ある日、奇妙な依頼をうける。
<修道院から、ある本を持ちだしてほしい。>
依頼主の黒ずくめの男爵は、本と引きかえに、ノアが姉と慕う少女の行方を教える、という。
怪しみながらも、情報ほしさに依頼を受けたノアは、首尾よく修道院に忍びこむ。しかし、盗もうとしたその本は、選ばれし者だけが読むことのできる魔導書<サロモンの書>だった。
やがてノアは、囚われの王女や、人語を話すネズミと出会い、依頼主である謎の男爵の正体にせまっていく。
1冊の本をめぐり紡がれる長編ファンタジー。


「あなたも、いっしょにいらしてください。」
「おれも?」
 トマスは、ノアの青い瞳を見つめた。
「あなたこそ、〈青の読み手〉にちがいない。
わたしたちは、ずっとあなたをお待ちしていたのです。」
(本文より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • HIRASAWA Tomoko illustration
    http://www.studio-dessin.com/top.html

    青の読み手 | 偕成社 | 児童書出版社
    https://www.kaiseisha.co.jp/books/9784037273408

  • これぞ正しいファンタジー。
    きっちりとセオリー通りで文句のつけようがない。
    ドキドキもハラハラも、最後の爽快感とそれに続く今後の展開へのワクワクと。
    続編が待ち遠しい。

  • ラベンヌ王国の王都ミラの貧民街で“下町ネズミ”として働く少年ノア

    姉のように慕っていたロゼの居場所と引き換えに、修道院から“白い本”を盗み出す仕事を引き受ける

    それは選ばれた者だけが読むことができる古の魔法の本〈サロモンの書〉だった

    本を手にしたノアに迫る魔の手
    うかんだ文字をノアが叫ぶと……

    「あなたこそ、〈青の読み手〉にちがいない。わたしたちは、ずっとあなたをお待ちしていたのです。」

    《一冊の本をめぐり紡がれる長編ファンタジー》──袖の紹介文

    近世フランスを思わせる王国を舞台に、陰謀渦巻く権力争いに白魔術と黒魔術が入れ乱れ、テンポよく進行する物語は一気読みまちがいなし

    著者は『ニコルの塔』で第5回ちゅうでん児童文学賞大賞(2003年)、第22回新見南吉児童文学賞(2004年)を受賞した小森香折

  • こんな話しが読みたかったのよ!
    とすぐに思える本でした。
    続編は ないのかな?
    あったら すぐに読みたいくらいです。

  • いや~児童書ワクワクかくあるべし。夢中になってたちまち読了の面白さ。最初は独特の子供向け文体に多少の抵抗を感じるが、入り込むとたちまち引き込まれる。出生に謎を持つ孤児のノアが選ばれた魔法の書の読み手だとして古代魔法使いや神殿の歴史をまるごと抱えた、陰謀野望危険に満ちた冒険に巻きこまれる。双子の王女、悪役王妃と通じ合う魔術遣い、正義の魔法使い。やはりこのひとのファンタジーワールド、その感性とストーリーテラーとしての能力は約束された面白さだなや。

  • これはまた、続きを追いたいシリーズが始まった。
    可愛げないけど心の強い王女の「安心しなさい。私はロゼではない」の台詞に、掴まれた。

  • 黒魔術白魔術,孤児少年,双子の王女,ファンタジー要素いっぱいの少年の成長物語.ノア少年と行動を共にする言葉を喋る白ネズミのパルメザンことパルが意外と頼りになってかわいい.

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

小森香折
東京都に生まれる。『ニコルの塔』でちゅうでん児童文学賞大賞、新美南吉児童文学賞を受賞。作品に「歴史探偵アン&リック」シリーズ、『夢とき師ファナ』『時知らずの庭』『ウパーラは眠る』など、翻訳に『リスベート・ツヴェルガーの聖書物語』などがある。

「2021年 『青の読み手』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小森香折の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロビン・スローン
砥上 裕將
辻村 深月
エラ・フランシス...
芦沢 央
凪良 ゆう
伊坂 幸太郎
ジョン・コナリー
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×