バスカビル家の犬 シャーロック=ホームズ全集 (3)

  • 偕成社
3.74
  • (21)
  • (20)
  • (33)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 238
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037380304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館にて。
    今、日本版のリメイクドラマの本作の映画が公開になっていて、コマーシャルが面白そうだったので、まずは小説からと借りてみた。
    古めかしい文体が懐かしく、ホームズの独特の性格も、ワトソンのそんなに仕事ができない感じも実はあまり好きではなかったことを思い出した。
    子どものころ、シャーロックホームズのシリーズはいくつか読んだけれど、この本を読んだかは覚えていない。
    謎も多く、あまり面白くなかったように今回感じたのは私の方に余裕がなかったのかな。
    残念。

  • 言わずと知れたホームズシリーズでも人気の一冊。
    緋色の習作ではホームズシリーズの基盤を作り、四つのサインでは推理要素に加え波乱に満ちた追走劇があった。
    そして今回は不気味な魔犬伝説に相次ぐ犬の目撃情報、荒涼な大地に底なし沼…薄気味悪いホラー要素が取り込まれている。
    ただの推理小説でなく、現在のミステリに通ずるところがあるだろう。
    堅苦しい推理小説が苦手という方にも、読みやすいホームズシリーズの一作である。

  •  わりと好きな翻訳なのだが、ホームズが犯人の出自を語る場面で、非常にわかりにくい部分があった。原文を読んで確認したほどだ。
     この本の読者層を考えると、もっとわかりやすい訳に改める必要があるのでは。大人向けの他の訳では、もっとスマートに訳されているのだから。

  • 心霊的と思われるような事件であっても分析や推理により、実際に犯人を探し当ててしまうのは凄いと思った。
    このような推理力が、ホームズ作品の魅力なのかなと感じた。

  • 面白かったけど、犯人が捕まらずに終わるのはなんだかすっきりしないなーって思いました。

  • 推理だけではなく、恐怖感を煽ってくるのがドキドキしました。
    ホームズが意外にも動揺したりと、魅力的でした。

    ワトスン先生のレベルがどんどん上げられていってますね(笑)

  • このホームズはかなり好き!解決前のワトスンとドキドキしながら調査を進めるのも、ホームズが現れて犯人を追い詰めるのもスピード感があって読むのがやめられなかった

  • やっぱり解説でこの先のシリーズのネタバレされるんだけど、これはもうホームズくらい知ってろよってことなのだろうか。

    時代が違うから仕方ないんだろうけど、トリックがトンデモすぎるな~と思ってしまう。

  • ホームズ作品の中でも一番の秀作。

    荒野。殺人犯。底なし沼。巨大な青白い犬。伝説。二重・三重にも練られたストーリ展開。

    ダートムアにいつか行ってみたいなあ。

全24件中 1 - 10件を表示

コナン=ドイルの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×