バスカビル家の犬 シャーロック=ホームズ全集 (3)

  • 偕成社
3.73
  • (19)
  • (19)
  • (31)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 212
感想 : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037380304

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • バスカヴィル家の犬怖いなぁ

  •  わりと好きな翻訳なのだが、ホームズが犯人の出自を語る場面で、非常にわかりにくい部分があった。原文を読んで確認したほどだ。
     この本の読者層を考えると、もっとわかりやすい訳に改める必要があるのでは。大人向けの他の訳では、もっとスマートに訳されているのだから。

  • 心霊的と思われるような事件であっても分析や推理により、実際に犯人を探し当ててしまうのは凄いと思った。
    このような推理力が、ホームズ作品の魅力なのかなと感じた。

  • 面白かったけど、犯人が捕まらずに終わるのはなんだかすっきりしないなーって思いました。

  • 推理だけではなく、恐怖感を煽ってくるのがドキドキしました。
    ホームズが意外にも動揺したりと、魅力的でした。

    ワトスン先生のレベルがどんどん上げられていってますね(笑)

  • このホームズはかなり好き!解決前のワトスンとドキドキしながら調査を進めるのも、ホームズが現れて犯人を追い詰めるのもスピード感があって読むのがやめられなかった

  • やっぱり解説でこの先のシリーズのネタバレされるんだけど、これはもうホームズくらい知ってろよってことなのだろうか。

    時代が違うから仕方ないんだろうけど、トリックがトンデモすぎるな~と思ってしまう。

  • ホームズ作品の中でも一番の秀作。

    荒野。殺人犯。底なし沼。巨大な青白い犬。伝説。二重・三重にも練られたストーリ展開。

    ダートムアにいつか行ってみたいなあ。

  • チビ1号、移動図書館にて

全22件中 1 - 10件を表示

コナン=ドイルの作品

バスカビル家の犬 シャーロック=ホームズ全集 (3)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×