恐怖の谷 シャーロック=ホームズ全集 (4)

制作 : フランク=ワイルズ  内田 庶 
  • 偕成社
3.74
  • (14)
  • (6)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (389ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037380403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今まで読んできたシリーズの中で、1番ドキドキしました。
    どんでん返しの連続でした(笑)

    元になる事件がある事に驚きです。

  • 2014年3月30日

    <THE VALLEY OF FEAR>
      
    装丁/市川英夫&プラスB
    さし絵/フランク・ワイルズ(Frank Wiles)

  • (1999.12.19読了)(1999.09.10購入)
    (「BOOK」データベースより)
    ホームズのもとに暗号の手紙が届いた。その暗号を解いた直後に来訪したロンドン警視庁のマクドナルド警部は、暗号に記された人物が殺されたことを告げた。ホームズは殺人現場へ急行し、奇怪な事件の裏にかくされた謎に挑む。ホームズ物語、最後の長編、完訳版。小学上級から。

    ☆コナン・ドイルさんの本(既読)
    「名探偵ホームズ 赤毛組合」コナン・ドイル著・日暮まさみち訳、講談社青い鳥文庫、1996.05.15
    「名探偵ホームズ まだらのひも」コナン・ドイル著・日暮まさみち訳、講談社青い鳥文庫、1996.12.15
    「名探偵ホームズ 消えた花むこ」コナン・ドイル著・日暮まさみち訳、講談社青い鳥文庫、1997.05.15
    「名探偵ホームズ 緋色の研究」コナン・ドイル著・日暮まさみち訳、講談社青い鳥文庫、1997.12.15
    「四つの署名」コナン・ドイル著・各務三郎訳、偕成社文庫、1998.05.
    「バスカビル家の犬」コナン・ドイル著・各務三郎訳、偕成社文庫、1998.06.
    「名探偵ホームズ ぶな屋敷のなぞ」コナン・ドイル著・日暮まさみち訳、講談社青い鳥文庫、1998.06.15
    「名探偵ホームズ 囚人船の秘密」コナン・ドイル著・日暮まさみち訳、講談社青い鳥文庫、1999.06.15

  • 挿話がとにかく面白かった。
    元になった事件があるというのがすごい。

  • 2009年10月28日読了♪

  • ペンシルバニア州という響きがすごく気に入っていた。長編では一番好き。

  • この『恐怖の谷』はとても面白いと思いました。また、長編としてはこの『恐怖の谷』は最後のものです。この物語の始めは、ポーロックという男から手紙で暗号を受け取ったシャーロック・ホームズが暗号を解くところから始まります。そこから事件が発展していきます。また、この事件にはあのシャーロックホームズの宿敵で、ホームズが犯罪界のナポレオンと呼んでいるモリアーティー教授の話がでてきます。後半のアメリカの話も興味深く、読みごたえがありました。みなさんも読んでみては?

  • ホームズの推理パレードでした。


    ホームズの小説は大体最後に説明だから、こっちはまったく推理しながら読めないんだけど(それがあるからホームズがかっこよく見える)、それでも今回は声が出るほど驚いた結末!!


    教授の名前も出てきたし、なんか本格的になってきた。

  • いままででいちばんどきどきしました。

全9件中 1 - 9件を表示

コナン=ドイルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
荻原 規子
米澤 穂信
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする