三国志〈1〉英傑雄飛の巻

制作 : 佐竹 美保  渡辺 仙州 
  • 偕成社
4.06
  • (6)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 70
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (453ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037442606

作品紹介・あらすじ

「乱世は黄巾賊の乱と共に始まった」貧苦にあえぐ農民が増加する漢王朝末期。大規模な農民一揆「黄巾賊の乱」を鎮圧すべく朝廷は、盧植、皇甫嵩、朱儁などを派遣。若き日の劉備・関羽・張飛、そして曹操、孫堅なども兵をひきいて、鎮圧軍に名乗りをあげる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (読んだ時期:9歳)

  •  項羽と劉邦を読んだので、この次は吉川英治の「三国志」と思ったが、
     全8巻もあるし、三国志は登場人物も半端じゃないので、全巻読破jは
     ちょっと無理かなあ・・・と思ってとりあえず児童書で読んでみることに。
     児童書と言っても内容は大人が読んでも十分面白い。
     漢字に全部ルビがふってあるし、登場人物のイラストもあるし、物語の
     舞台になる中国の地図もあるし、主な登場人物の索引まである。
     それでも、人物多すぎて、話が途中でわからなくなることも・・。

     時代は劉邦が開いた「漢王朝」の末期。
     大規模は農民一揆「黄巾族の乱」を制圧すべく朝廷軍が派遣される。
     若き日の劉備・関羽・張飛、そして曹操・孫堅なども兵を率いて、鎮圧軍
     に名乗りをあげる・・。

  • 本を読む楽しさを知った本。ここから三国志の旅が始まりました。

  • やっぱ、劉備はいいわ。
    正史もよみたいけど、金はないし
    学校にもない

  • 1/11読了。

  • 以前、別の三国志を読んだのですが、それとは全く趣が異なりました。子供でもじっくり読めるほど分かりやすかったです。本編ももちろんよかったのですが、あとがきもまたじっくり読み込め、読めばまた三国志の世界が広がるので面白かったです。

  • 佐竹美保さんの挿絵がたまらなく嬉しかった一冊。
    三国志や封神演義は似たような名前が沢山でてくるのでこんがらがってしまいがちなのだけど、イメージにぴったり添うイラストだったので、余計に嬉しかった。

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする