西遊記〈中〉破邪遍歴の巻

制作 : 佐竹 美保  渡辺 仙州 
  • 偕成社 (2001年3月1日発売)
4.00
  • (12)
  • (11)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :94
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037443900

西遊記〈中〉破邪遍歴の巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中巻では猪八戒と沙悟浄が旅の仲間に加わり、おなじみのメンツがそろい、金角・銀角や紅孩児といった強敵との対決も繰り広げられます。

    悟空の圧倒的な強さが光りますが、西天への取経の旅は一筋縄ではいきません。
    「唐僧の肉を食べれば不老長寿が得られる」という噂が妖魔のあいだに広まり、三蔵一行は行く先々で妖魔に狙われてしまうのです。

    そんなピンチの中、さらに気になるのは悟空と三蔵の関係です。
    悟空の無邪気さゆえの乱暴なふるまいが、三蔵の目にはときに残酷に映ります。
    また、妖魔の気配を察知できない三蔵は、悟空の忠告にも関わらずあっさりだまされてしまうことも…。
    お互いを分かりあえずに悟空破門の危機を迎えたりして、ヒヤヒヤさせられてばかりでした。

  • 悟空と三蔵のたびがはじまる。八戒や悟浄を仲間に入れて旅が続くのは
    おなじみのストーリー。

    三蔵に出会ってからの悟空も、とびぬけて強いのは同じ。
    このとびぬけて強い悟空も、危機に陥れないと、お話が成り立たない。
    そこで登場するのが、弱いくせに言うことだけは立派(?)な三蔵で
    彼が悟空のうまい具合に足かせになってくれる。
    三蔵は相手が妖魔だろうと、人だろうと、とにかく相手を殺すのを嫌がるので、
    自分を殺しに来た相手にすぐやられそうになる。
    あげくのはてには、悟空が自分を助けようとしているのに、妖魔の罠にはまって、
    悟空を信じず、悟空を破門してしまう、などなど。

    ちょっとワンパターンにはまってきたかなあというところで、
    お話はエンディングに向かって行く。
    訳者のまとめかたが絶妙でとにかくおもしろかった。

  • 再読

  • 悟空が切られる話ではちょっと涙が出そうになってしまった…。
    誤解が解ける話に弱い。笑

  • ジャカルタ、インドなどを舞台とした作品です。

  • おもしろーい!^▽^

    八戒や悟浄が仲間になります。
    金角銀角やこうがいじ(漢字むずかしい)が出てきます。みんなちびっこです。かわいい^^
    あと女人国に行ったりします。あやうく赤ちゃん産みそうになる三蔵と八戒^^^^

    三蔵と悟空がケンカ(というか)したりして
    このまま仲直り(というか^^;)できないのかとハラハラしたりしました。

    そしたら香取くんの「なまか!!!」が浮かんできて
    ああ・・そういえばテレビの西遊記もちょっと見てたなあ・・となんかなんともいえない気持ちになりました・・

全6件中 1 - 6件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョナサン・スト...
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
ジェラルディン ...
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする