龍使いのキアス

著者 :
制作 : 佐竹 美保 
  • 偕成社
3.81
  • (32)
  • (34)
  • (43)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 205
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (679ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037444105

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •   300年もの時間をかけた壮大な物語。
    そしてキアスの成長の物語でもあります。血筋の話、部族を超えた恋愛の話、古くより伝わる儀式の話などと、とても楽しむことができました。キアスの名付け親である者はその名前の由来を知っていたんだろうか。それとも、ただの偶然だったんだろうか。

      全ての始まりは300年前のアグトシャルとマシアンです。でも、ただ二人が悪いとは責められないような気がするのです。二人のとった行動はとても人間らしいものであったから。読んでいて泣ける話ではないのだけど、すれ違ってばかりの二人のことを考えると胸が締め付けられます。

      最後は感動。目がくらむような光にも目を背けることなく全てを見ようとしたイリットはやはり、真実を見届ける者として誰よりも相応しい。数あるこの世界独特のものの中でも、呼び出しの儀式はとくの面白かったです。歪みだした世界は正しい方向へと導かれました。これから先は幸せな日々が待っていることと思います。

  • きっちり作られた世界観の素敵なお話でした。
    主人公をはじめとした登場人物たちの成長もよかったです。
    大人が読んでも楽しめますが、ぜひとも中学生に読んでもらいたい作品です。…小学生には少し分厚いかな?

  • 儀式のときにくるくると回るという描写が好きだった記憶がある。
    そして、何者にもならなかったキアス、というストーリー。
    私は私になるのだというメッセージをこの作品から受け取ったように記憶している。

  • ファンタジー大好きです。
    特にドラゴンが。
    この作品は龍が主役じゃないんですね。でもおもしろく読ませてもらいました。捨て児で素直じゃなくて巫女の授業だってさぼってしまうようなキアヌ。それでも大巫女の素質をもつキアヌ。
    ちょっと展開早すぎて1年の間にキアヌがすっかり落ち着いちゃったのにはびっくりだったけど、おもしろかったです。他の作品も読もうかな。

  • ページ数が半端無くて、必死になって読んだ本。何回も挫折した割には結構面白くて、今でも読み直せるかもしれない。

  • 多分今まで読んだ中で一番厚い。そして字が細かい。
    でも一日で読んだ。サクサク読めて面白いです。

  • キアスは巫女の訓練をうけている女の子だけど
    いつもみんなとどこか違う。
    でもほんとうは・・・


  • 実はファンタジー大好きなんです。

    装丁の美しさも魅力の一つ。
    キャラクターも可愛くて好き。

    最後に魔女が一斉にキアスの名を叫ぶシーンがすごく好き。

  •  とある少女が力を手に入れて偉業を成し遂げるという、ある種の英雄譚。ただしこれは光に溢れ終わるものではなく、力を持つ代償と痛みまで描かれていて、幼いなりに考えさせられた覚えがある。

  • 小学校の時に読んだベスト児童書。世界観が好きです。

全24件中 1 - 10件を表示

浜たかやの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
荻原 規子
梨木 香歩
たつみや 章
荻原 規子
荻原 規子
荻原 規子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする