南総里見八犬伝〈2〉五犬士走る

制作 : 山本 タカト 
  • 偕成社
3.99
  • (33)
  • (30)
  • (32)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 173
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037444600

作品紹介・あらすじ

伏姫のいいなずけ大輔はゝ大と名をかえ僧となり、散った八つの珠をさがす。荘助は獄中、道節は上杉定正を父の仇とねらい、信乃と現八は、利根川で小文吾に助けられる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久々の再読

    正直、一巻目よりもエグいシーンがぐっと多くなった気がする
    でも戦いのシーンが増えて、犬士それぞれが得意の武器で戦っていて、カッコよく、躍動感もあるし、
    新しい犬士が2人出てきたし、最後は早く続きが読みたくなる終わり方をしていて、これを書きながら、三巻が読みたくてうずうずしてる

    時々出てくる、先の話に正直少しイライラしてたんだけど、途中で、これも先が読みたいと思わせる作者の仕掛けの一つなのかなって思えてきた
    同じように時々出てくる登場人物の紹介は、当時の出版の仕方にもしかして関係あったりする・・・?

    登場シーンとして記憶にあったのは小文吾の登場シーンだったけど、
    房八とぬいの身に起きることは記憶に全然なくて、びっくりすると同時に、その生々しさにちょっと狼狽えた
    一方で世四郎と音音は出てきた瞬間、次にどう出てくるか思い出して、覚えてるところの曖昧さが半端ないなって思った
    もう少し今まで読んだ本をもう少し明確に覚えれてたらいいんだけど・・・

  • 犬飼現八がかっこいー!

    犬士たちを結ぶ不思議な縁も、彼らを助ける人々に課せられた運命がドラマチック。
    犬塚信乃の身代わりとなった山林房八・ぬい夫婦。
    犬山家の元家臣で、死してなお犬山道節はじめ犬士たちを助けた世四郎・音音夫妻。
    彼らが運命を正面から受け入れ、この世の悪と闘う犬士たちのために命を捧げる姿に胸を打たれます。

  • 伏姫のいいなずけ大輔はゝ大と名をかえ僧となり、散った八つの珠をさがす。荘助は獄中、道節は上杉定正を父の仇とねらい、信乃と現八は、利根川で小文吾に助けられる。

  • 犬士たちの戦うシーンがかっこよすぎて胸熱
    それぞれのキャラもわかってきたし、これドラマとかにしたら流行るんじゃないかな!!

  • 房八の件といい荘助救出の件といい、山場の畳み掛け〜。ひゃあひゃあ読みました。
    揺れつつも、いまのとこ現八LOVEかな(*´艸`*) 犬士みんな素敵でこまるけどな(*´艸`*)

    でもいちばん肩入れしたのは実は音音でした!

  • 仲間がどんどんと増えていく中で悪役のキャラがとてもはっきりしていて、登場人物多いけど読みやすいと思った!おもしろかった〜!

  • 芳流閣から転げ落ち行徳に流れ着いた信乃と現八、そしてそこで知り合った小文吾が犬士と知り意気投合。しかし古河公方の命を狙ったと言うことで信乃達はお尋ねものになってしまっていた。そんな状況の中、信乃は突然の破傷風に冒され生死の境を彷徨うことに。更に夫の房八に突然離縁された小文吾の妹の沼藺。そこへやってきた房八は小文吾を挑発し、義兄弟が刃を交えることに――事態は混迷を極めていく。仁の犬士・親兵衛が血の海から再生する、涙なしには語れない行徳編から、道節、荘助を加えた五犬士達が逃走劇を繰り広げる荒芽山編までを収録。

    自分でも↑のあらすじ書いててほんと混迷極めまくりだよよくついて来たな当時の読者。と思いました。しかもこの偕成社版、原典に忠実ながらオリジナルの手を加えてて荒芽山編まだ読みやすいけど、原作の荒芽山はほんと複雑な構成かましてるからな…三行でおkって感じるよ…
    私はずっと山林夫妻(房八・沼藺)の義死が納得いかなくて、それこそ本当に、初めて読んだ時からとにかく納得出来なくて、今もなんかまだ上手く自分の中で解決出来てないんですけど、でもいろいろ年数が経ってく内に、二人は悲しい、悔しい気持ちで死んだんじゃないよね、死んだはずの大八が生き返って、「親」を忘れないよう、「親」兵衛って名前になって、彼が二人にかわって素晴らしい犬士になるんだから…二人は親兵衛の復活を見てきっと本当に嬉しかっただろうな、幸せだっただろうな…って思うと泣けてきました。確かに話だけ聞くとものすごくむごい話なんですけど、それだけじゃない。八犬伝て全体的にきっとそういうつくりなんだろうな。

    次回は三巻! 毛野ちゃん!毛野ちゃん! 大角さん!大角さん!

  • ちょっと集中して読めば一日で読めてしまうくらいの気楽さがよいです。
    この巻で六犬士がそろいます。
    それぞれのキャラクターが立っていてわかりやすいです。

    読めば読むほどもう一度人形劇が観たい!と思ってしまう。。

  • 元が長ーいので、おそらくかなり端折られてるのでしょうけど、そして個人的にはこれの2倍くらいは文章量あっても良いくらいなんですけど、それでもやっぱり面白い。勧善懲悪ってもやっぱりキャラクターが生き生きしてて良い。妖術使いの道節と長槍の現八が好き。

  • ちゃくちゃくと集まりつつある仲間。
    しっかし、なんか周りの人死に過ぎでは・・・。
    しかも壮絶すぎる。
    ぬいさんたちとか。
    ばっさり斬られてるし・・・・・。
    しかも男女の血が混じって薬になるって、すごいな、あの伏線。
    なんか感心しちゃったぞ。
    顔が似てる、ってゆーとこでいやーな予感はしたのよね。
    で、首もってこ~いってとこでこれは絶対だー、と。
    見知らぬ人のため自分の命さしだすなんて・・・。
    まあなんとゆーか祖先とか、いろいろ因縁はあるんだけどさ。
    あの老夫婦も。ばあちゃん、矢、かっこいい~っとか
    思ってたらこれもたまメッチャ痛々しい最期だし。
    でも、なんか凄惨なんだが、私グロイのはキライなんだが、
    そういやな感じをうけないのは、その死の後が感じられるからかも。
    子どもは生き返るし、
    おばあちゃんたち、幽霊で元気にでてくるし。
    なんだかんだで、みなさん強いので、蹴散らし蹴散らし進んでいくし、
    いけ~っ!ってゆー勢い感がすごい。
    が、どーもみなさんバラバラになっちゃったようで、
    これまたひと騒動あるんだろうなあ。
    いやーホント、話の展開巧みだわ。滝沢馬琴だっけ?
    いまでゆーと、東野圭吾だわ~。

全24件中 1 - 10件を表示

滝沢馬琴の作品

ツイートする