女王と一角獣の都

  • 33人登録
  • 4.10評価
    • (5)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 斉藤洋
制作 : コジマ ケン 
  • 偕成社 (2011年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037448301

作品紹介

異世界につながる巨大渦のなぞをとくために、天才科学者ローゼンベルク博士がつくった潜水艇"イーゲル号"。変わり者ぞろいの仲間とともにぼくはまたあらたな航海へとのりだした。そこでぼくたちは、おどろくべき伝説の生物と出会うことになる-。たしかなリアリティをもって迫る海洋アドベンチャー・第3弾。小学校高学年から。

女王と一角獣の都の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  イーゲル号もムッシェル号も段々無敵になっていきます。
     博士、すごすぎる。時速…!!

     カールは大人だ。
     言うべきでないこと、聞くべきでないことを冷静に判断できる。
     今回は特にクールで格好よかった。

     このシリーズ、続き出ないのかなぁ。

  • 日本人の父とドイツ人の母をもつカール・キリシマ・キルシュ少年。ドイツで母と二人暮らし。父は日本人貴族で秘密行使なので今は日本にもどっている。
    そんなカールのもとへ、潜水艇イーゲル号に搭載されていた潜水艇ムッシェル号が空を飛んでやってくるのがみえた。どうやら空を飛べるように改造されたらしい。
    そしてイーゲル号に乗り込んだカール。またしても、北緯54度東経8度ヘルゴラント島の南南東約10海里の海域へと向かった。そこにある時間に発生する巨大な渦に入ると謎の洞窟へ辿り着くのだ。

    浮上したイーゲル号がみたものは、陸地から弓を打ち巨大な竜のようなものと戦っている人々だった。しかしどちらに正義があるのかはわからないので、応援はせずにその場を去ろうとしたが、竜に攻撃されたので、陸地へとむかうことにした。
    どうやらこの国では一角獣を育てている。古い記録では角が2本あるなど違う生き物が生まれたら、成長したら国を出て天に昇っていくのだという。
    しかし、しばらく前に生まれた「ロン」と名付けられた毛皮のかわりにウロコがある変わった一角獣は成長し巨大になり、何故か暴れるようになってしまったのだという。
    カール達はロンをおさえることができるのか。

    イーゲル号の乗組員はみんなユニーク。天才科学者の博士、いつも黒い帽子かぶったコックのハンス・ハンス、力持ちのフランク、そしてあらゆる生物の言葉が理解できる犬のラインゴルト。
    3巻はずんずんパワーアップする竜とのせめぎ合いが面白い

  • 日本人の父とドイツ人の母をもつカール・キリシマ・キルシュ少年。ドイツで母と二人暮らし。父は日本人貴族で秘密行使なので今は日本にもどっている。
    そんなカールのもとへ、潜水艇イーゲル号に搭載されていた潜水艇ムッシェル号が空を飛んでやってくるのがみえた。どうやら空を飛べるように改造されたらしい。
    そしてイーゲル号に乗り込んだカール。またしても、北緯54度東経8度ヘルゴラント島の南南東約10海里の海域へと向かった。そこにある時間に発生する巨大な渦に入ると謎の洞窟へ辿り着くのだ。

    浮上したイーゲル号がみたものは、陸地から弓を打ち巨大な竜のようなものと戦っている人々だった。しかしどちらに正義があるのかはわからないので、応援はせずにその場を去ろうとしたが、竜に攻撃されたので、陸地へとむかうことにした。
    どうやらこの国では一角獣を育てている。古い記録では角が2本あるなど違う生き物が生まれたら、成長したら国を出て天に昇っていくのだという。
    しかし、しばらく前に生まれた「ロン」と名付けられた毛皮のかわりにウロコがある変わった一角獣は成長し巨大になり、何故か暴れるようになってしまったのだという。
    カール達はロンをおさえることができるのか。


    イーゲル号の乗組員はみんなユニーク。天才科学者の博士、いつも黒い帽子かぶったコックのハンス・ハンス、力持ちのフランク、そしてあらゆる生物の言葉が理解できる犬のラインゴルト。
    3巻はずんずんパワーアップする竜とのせめぎ合いが面白い

全3件中 1 - 3件を表示

斉藤洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
斉藤洋
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする