仮名手本忠臣蔵

著者 :
制作 : 佐竹 美保 
  • 偕成社
3.45
  • (2)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037449506

作品紹介・あらすじ

文楽・歌舞伎の三大名作の一つ「仮名手本忠臣蔵」。赤穂浪士の事件を基にしたお芝居です。日本人なら、その筋くらいは知っておきたい!そこで、この物語の主人公お軽にざっくばらんに語ってもらい、ネコ一座に演じてもらうことにいたしました。小学校高学年から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 佐竹美保さんの描くネコ一座のみなさまにずきゅーん。
    いやはや、なんともかわいらしい・・・。

    文楽や歌舞伎でおなじみの『仮名手本忠臣蔵』を児童向けにわかりやすくくだいた本書。
    忠義だ切腹だという話をどんな風に子ども向けにしたんだろう・・・と、興味津々で読んでみました。

    本書の語り手は、なんとお軽!
    しかも、きゃぴきゃぴしたキュートなお軽ですw
    早野勘平を「あたしの彼氏!」って紹介しているあたりもイマドキ女子な感じです。

    エッセンスを取り出してまとめつつ、伝統芸能独特の言い回しや洒落を紹介したり、わかりづらそうな言葉には説明がついたりしているので、物足りなさはありませんでした。
    三浦しをんさんの『あやつられ文楽観賞』の「仮名手本忠臣蔵」の章を思い出してにんまり。

  • 楽しみにしてました。
    おもしろかったぁ。ほんとに。
    たくさんの人物が次から次へと登場するのに、きちんと人物紹介をはさみ、なおかつストーリーを止めちゃわない…のがすごい。
    ページ下の佐竹美保さん挿絵もわかりやすいし。
    お軽の語り口が、軽快でわかりやすいし。
    歌舞伎の仮名手本忠臣蔵を観たい。って、強く思ったし。
    ネコ一座の役者が、ずらずらっと並ぶ見開きページは、まさにゼイタク~♪ だし。
    伝統芸能の入門として、ぴったりなんじゃないかなぁ。
    敷居たかくないよ。って言ってもらえてる感じがします。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「ページ下の佐竹美保さん挿絵も」
      でしょ、、、と言いつつ、本屋でチラっとも見ていない。手に取ったら買ってしまいそうだから。。。
      「ページ下の佐竹美保さん挿絵も」
      でしょ、、、と言いつつ、本屋でチラっとも見ていない。手に取ったら買ってしまいそうだから。。。
      2013/01/21
  • ずるーーい。佐竹美保が描く猫達。絶対に買ってしまうワ。。。

    偕成社のPR
    「三大名作歌舞伎の『仮名手本忠臣蔵』。お軽の軽快な一人称の語りを、ネコ一座が演じます。金原瑞人×佐竹美保コンビならではの歌舞伎翻案。 」

    金原瑞人さんと楽しむ “古典の世界”
    忠臣蔵」ってなんだろう?(2回連続講座)
    日時:2012年11月14日(水)・ 2013年1月23日(水)ともに午後6時~7時30分
    会場:教文館6階 ナルニアホール
    定員: 各回 20名
    参加費:各回 1,000円
    http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/5017

  • お軽が語る忠臣蔵。
    彼女の口調が女子高生で、ツッコミもこなしています。
    右を見ても左を見ても猫猫猫。
    最後に、ネコ一座の役者紹介まであります。

  • 登場人物がネコ、語り手もネコの、忠臣蔵。

    難しい登場人物の名前も、出てくる度に挿し絵付きで、欄外に登場するので
    分りやすかったです。
    文楽は、歌舞伎とは演出やセリフが違うんだそうです。

  • 金原瑞人が早野堪平の妻・お軽の目線で歌舞伎の忠臣蔵を解りやすく語って聞かせてくれます。佐竹さんの挿絵も、猫の姿の忠臣蔵で、ユーモアがあって楽しい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

現在、法政大学教授、翻訳家。ヤングアダルト小説はじめ海外文学の紹介、翻訳で著名。著書『翻訳のさじかげん』(ポプラ社)ほか。訳書『豚の死なない日』(ロバート・ニュートン・ペック、白水社)『青空のむこう』(アレックス・シアラー、求龍堂)『国のない男』(カート・ヴォネガット、NHK出版)『月と六ペンス』(サマセット・モーム、新潮文庫)ほか多数。

「2018年 『First Love はつ恋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金原瑞人の作品

ツイートする