軽装版 精霊の守り人 (軽装版 偕成社ポッシュ)

著者 :
制作 : 二木 真希子 
  • 偕成社
4.20
  • (115)
  • (66)
  • (61)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 559
レビュー : 74
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037500207

作品紹介・あらすじ

女ながら、腕のたつ用心棒である、バルサは、新ヨゴ皇国の皇子チャグムの命をすくうだが、このチャグム皇子は、ふしぎな運命を背負わされていた"精霊の守り人"となったチャグム皇子を追って、ふたつの影が動きはじめバルサの目にみえぬ追手から命がけでチャグムを守る…野間児童文芸新人賞。産経児童出版文化賞。路傍の石文学賞受賞。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2014年10月2日 再読)

    「みをつくし料理帖」、「RDG」シリーズに続いて、「獣の奏者」を読み返そうかなと思っていたのですが、まさかの「守り人」シリーズ実写化!!の話を聞いて、バルサとの再会を優先させました。

    綾瀬はるかかぁ~と思って読むと、意外と最初の印象より違和感ないかも?
    うんうん、悪くないかも、いけるかも。
    タンダやチャグムは誰が演じるのかな。


    初めて読んだときは、面白かったけど、そこまではまらなくて、盛り上がったの実は「虚空の旅人」からなんですよね。
    何気にチャグム押しなので。

    でも2回目、すごくおもしろかった。
    2回目の方がすごく面白いってのは、本物だと思う。

  • 大人でも楽しめるけど、小学生高学年からでも、楽しめる本です。

  • TVでは最終章がはじまったところで、書籍で最初から復習。
    小説といえば、北方水滸伝シリーズを読んでいますが、上橋さんのは文章がサラリと流れていく感じで、これが重さを感じさせるドラマにも出てくれたらと思います。

  • 面白い!

  • 2017/01/28

    ずっと読んでみたいなと思っていた精霊の守り人シリーズ。
    1巻目ということもあって、世界観を伝える部分が多かったかな。
    ストーリーとしては面白いけど、少し物足りない。後半にかけてぐんぐん伸びていくシリーズなのかも。まだまだ謎も多い。

    この本に関してはアニメもしっくりきそうなので、みてみる予定。

  • ドラマ化にあわせて、三回目の再読。
    映像が叙述の通りにされてることに気づく。

    今までだって、バルサに共感して読んでいたはずなのに、、今回が一番バルサの気持ちが、理解できた気がする。

    人生は思いのままにならない出来事があるけれど、それを嘆くのではなく、どう向き合うか?みたいなことを強く感じた再読でした。

  • 面白かった 時間があれば続編を読みたい。

  • 何度も何度も読み返しているシリーズです。バルサやタンダの思い、そしてチャグムの成長に感動します。

  • 小学校6年の娘がはまっていたので読んでみた。ファンタジー小説は好きなのですんなり入れた。なんといってもバルサが魅力的です。

  • おもしろかった。続きが読みたい。

全74件中 1 - 10件を表示

軽装版 精霊の守り人 (軽装版 偕成社ポッシュ)のその他の作品

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
荻原 規子
有川 浩
荻原 規子
有川 浩
上橋 菜穂子
有川 浩
有川 浩
上橋 菜穂子
有効な右矢印 無効な右矢印

軽装版 精霊の守り人 (軽装版 偕成社ポッシュ)に関連するまとめ

軽装版 精霊の守り人 (軽装版 偕成社ポッシュ)を本棚に登録しているひと

ツイートする