軽装版 虚空の旅人 (軽装版 偕成社ポッシュ)

著者 :
  • 偕成社
4.04
  • (61)
  • (70)
  • (46)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 461
レビュー : 48
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037500504

作品紹介・あらすじ

海にのぞむ隣国サンガルに招かれた新ヨゴ皇国、皇太子チャグム。しかし、異界からの使いといわれる"ナユーグル・ライタの目"があらわれ、王宮は不安と、やがて恐怖につつまれる。海へと消える運命の者を救うため、呪いと陰謀のなかをチャグムは奔走する。『精霊の守り人』からさらに広がる世界、守り人シリーズ4作目。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (2014年11月13日 再読)

    チャグムが優しくかっこいいお話。
    シュガになんだかぐっと来た。

    海の国サンガル、南の大陸のタルシュ、世界が広がっていきます。
    バルサやタンダが出てこないのは寂しいけど、外伝なんかじゃなくこっからこのシリーズすっごく面白くなる!と個人的には感じています。

  •  この本は最初、守り人シリーズの外伝という形でしたので、旅人という題名になっています。
     そして、主人公もチャグムという事でしたが、とっても面白かったです。
     新ヨゴ王国での皇太子という立場で、様々な物事に対応していくチャグムと、その内面にある本心のチャグムが如実に描かれていて、すごく共感を覚えました。
     確かに舞台は作り物の王国であり、ありえない世界ですが、人間模様はどこにでもある現実で、それが大人も楽しめる由来になっていると思います。
     どんどん精神的にも強く成長していくチャグムの今後がとっても楽しみです。

  • 守り人シリーズ4作目だが外伝的位置。
    子どもにも読める文章ですが、リアルで立体的な構成で、大人の鑑賞に堪えるファンタジー。
    新ヨゴ皇国の皇太子チャグムはサンガル王国の王位継承の祝典に招かれて星読博士のシュガと訪れる。
    島の多い国サンガルは、王家の娘達が島守に嫁ぐことで結束を固めていた。
    かっての小領主が今も島守りとして自分の領土を守っているのだ。
    ところが大国の回し者が島守りを誘惑…
    島守りの元で漁師と共に育てられたたくましい次男タルサン王子が跡継ぎの兄に向かって銛を投げるという暴挙。
    宮廷は大混乱に…チャグムは陰謀の渦中へ飛び込んだ形となる。
    ナユーグル・ライタの目という哀しい運命を背負った幼女。
    皇族は神聖とされる国で育ったチャグムは深窓の大人しいお坊ちゃんに見えるが、そこはバルサと放浪の旅をした経験のある少年。いざというときに活躍するかっこよさ!
    サルーナ王女や一途な「海をただよう民ラッシャロー」の少女スリナァも活躍。
    この版は2007年9月発行。挿絵画家の解説も収録。
    今から買うなら文庫でしょうか?
    でもこの版がけっこう好き。

  • 2021.01.20.読了

    精霊の守り人シリーズ 4弾

    チャグムは本当に成長したなぁ
    精霊の卵を宿した時が11歳
    そしてこの話は14歳
    まだ14歳!

    シュガも頼もしくなってきたし、
    次のお話が楽しみで仕方ないわ〜

    この本はいくつくらいの子供を対象としてるのかな。
    小学校高学年くらいで読んでたら、
    少しその後が変わっていたかも。

  • 守人シリーズ。
    14歳に成長したチャグム皇太子。
    隣国のサンガル王国の王位継承の式典に招かれ、そこで起こる国を揺るがす大騒動に、チャグムの熱き心が揺れ・・・

    冷静に物事を見極め、でも熱い心を持つ皇太子に成長したチャグム。
    素敵だわ~
    海の民である、サンガル王国の人々もまた魅力的です。

  • 守り人シリーズの中で、チャグムが主人公の旅人シリーズ。
    エンターテイメントとして超一級。面白い。
    チャグムの葛藤は、少年たちに読んでほしい部分。

  • これまでのシリーズ史上もっとももどかしく、だからこそ人間味があるというか、共感する内容となっている。というのも、バルサもトロガイも出てこないため、「ここでうまくやっつけてくれる!」という人がいない。そのため、チャグムやシュガが自らの能力を限界まで発揮しつつも、勧善懲悪とはならない感じ。だがそれがよい(笑)
    そしてサンガル家のしたたかな女性たち!純粋な心だけでは政治の世界は生きられないのよと言わんばかりに手練手管を披露していく。これは果たして子供向けの本なのだろうかと思ってしまう。
    自分が南海の生まれ(でも船に酔う)ということもあり、非常に楽しく読めました。

  • こうあるとワクワクする、という内容を楽しめる巻です。何度目か読ですが、忘れっぽいので、今後どうなるんだっけとソワソワ。

  • 「番外編」と聞いていたので、先に本編「神の守り人」を読んだのだが、これは順番どおりに読むべきだと痛感。

  • 面白い!

全48件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家、川村学園女子大学特任教授。1989年『精霊の木』でデビュー。著書に野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞した『精霊の守り人』をはじめとする「守り人」シリーズ、野間児童文芸賞を受賞した『狐笛のかなた』、「獣の奏者」シリーズなどがある。海外での評価も高く、2009年に英語版『精霊の守り人』で米国バチェルダー賞を受賞。14年には「小さなノーベル賞」ともいわれる国際アンデルセン賞〈作家賞〉を受賞。2015年『鹿の王』で本屋大賞、第四回日本医療小説大賞を受賞。

「2020年 『鹿の王 4』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
和田 竜
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

軽装版 虚空の旅人 (軽装版 偕成社ポッシュ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×