「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド

著者 : 上橋菜穂子
制作 : 偕成社編集部  二木 真希子  佐竹美保 
  • 偕成社 (2011年6月18日発売)
3.63
  • (32)
  • (62)
  • (69)
  • (10)
  • (3)
  • 526人登録
  • 62レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (158ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037501402

作品紹介

「守り人シリーズ」の登場人物事典や百科事典から作家・佐藤多佳子さん、翻訳家・平野キャシーさんとの対談、上橋菜穂子全著作紹介まで、一挙収録。バルサとタンダの日常を描く、書き下ろし短編「春の光」。

「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全10巻からなる「守り人」シリーズのガイドブック。
    旅を終えた人もこれから旅立つ人も、楽しめると思います。

    海外翻訳の難しさ、ってのを実感しました。
    ライティングコードとか各国の文化など、ハードルは多いんですねぇ。。

    余談ですが、こういったエッセンスも語学の授業に含めたら、
    もうちょっと裾野が広がるんじゃないかなぁ、、と感じました(英語が苦手だった身として)。

    で、最後の短編はほっこり読めました、、穏やかさっていいですよね。

  • 守り人シリーズ読み返したくなる

  • KiKi の大好きな、J.R.R. トールキンの「指輪物語」に追補版が必要だったのと同じように、「守り人シリーズ」の世界観も結構大きなものがあったため、読中、自作の用語集が手放せなかった KiKi。  もしもその時にこの本が手元にあれば嬉しかっただろうなぁ。  自作の用語集は鉛筆書きで作成していたので、ところどころ薄汚れてきちゃっているんだけど、この本を入手したことにより、ようやくあのノートはお役御免といった感じです。  「守り人世界探訪」では各国の地図、文化、神話、登場人物なんかがコンパクトにまとめられているし、「守り人百科事典」では「異界編」「呪術編」「薬毒編」「生物編」「食べ物編」に分けられ、独特の言葉の解説が載っています。

    それにしてもこの「守り人シリーズ」、アメリカでも出版されていたんですねぇ。  そのこと自体は喜ばしいことで、KiKi もなんだかウキウキしちゃうんだけど、あの表紙の挿絵、KiKi としてはちょっとビミョーな感じ。

    (全文はブログにて)

  • 春の光、素敵だ。バルサとタンダ。つれあいの顔ってあらわしかたがタンダらしい。

    チャグムのその後も読みたいなー。

  • つい、タイトルに釣られてしまったけれど、これはとりたてて必要ないような(-_-;)ただ、書き下ろしの短編は見ものです。

  • 上橋作品の紹介、対談、寄稿、講演。
    そして、守り人シリーズのガイド的内容で構成。
    「炎路を行く者」以前の発行なのでそれは入っていない。
    それでも、各国について・人物事典、
    異界・呪術・生物・食べ物等の百科事典、
    海外での出版事情等の豊富な資料は、嬉しい内容です。
    佐竹美保、二木真希子のイラストも豊富。
    特に、二木さん!亡くなったのが残念!

  • ◆「守り人」シリーズ初めてのパーフェクトガイド。

    バルサとタンダの日常を描く書き下ろし短編「春の光」
    「守り人シリーズ」の登場人物事典や百科事典
    作家:佐藤多佳子さん、翻訳家:平野キャシーさんとの豪華対談
    上橋菜穂子の著作紹介

    などを一挙収録!

    これから読もうと思っている人も、すでにハマっている人も必読の一冊です。


    (^^)<Comment

  • なんて事ない小話なんだけど書き下ろしが嬉しかったな。

  • 盛りだくさんの内容で、ファンにはたまりません…!
    すぐに守り人の世界に行けます。

    春の光読みたさに。
    冒頭の2人のやり取りにきゅんとする。

  • 『守り人』シリーズは全巻読みました。
    この本の『春の光』で、バルサとタンダが夫婦となっていたが、これは新たな事実ですよね?

全62件中 1 - 10件を表示

上橋菜穂子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
上橋 菜穂子
上橋 菜穂子
三浦 しをん
米澤 穂信
冲方 丁
有効な右矢印 無効な右矢印

「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイドに関連する談話室の質問

「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイドを本棚に登録しているひと

ツイートする