レミーのおいしいレストラン (ディズニーアニメ小説版)

制作 : Kitty Richards  しぶや まさこ 
  • 偕成社
3.63
  • (4)
  • (5)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037916701

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レミーはねずみで、レミーがコックさんより倍おいしいりょりうを作るのがポイント。コックさんがへんなあじにしてしまったりょうりを、レミーがもっとおいしいあじにするところがおもしろいです。

  • 5歳2カ月で読んだ本。耳鼻科の待合室にて♪

  •  ネズミのレミーが、冴えないコックのコック帽の中から料理を教える。

    ディズニーアニメの小説版だけど、しっかり物語になっているから、読んでいて楽しい。
    対象年齢が小学中学年~なので、全ての漢字にルビ付きで、1時間で読める。

  • ネズミなのに料理が作れちゃうなんてすごいと思った!最後はコックさんとお店まで開いて良かった!

  • ドブネズミのレミーの才能が最初は認められなかったが、最後レストランを開けるほど認められるネズミになれる話でとても楽しかった。

  • ネズミが食糧を探すためパリにでて、パリでは一番おいしいレストランのなかで、人が気づかない夜中などに食糧を盗み出すのだ。それをきっかけにそのレストランの雑用係として扱われていた男性と仲良くなった。、料理をする際はその男性の髪の毛を帽子のなかから引っ張り上げて、料理をすることにしました。しかし、ネズミがいることがバレてそのレストランはつぶれました。もし、衛生的ではないが、ネズミが人の髪の毛で操作をしてくれたら、料理の苦手な私でも楽にできるなと思いました。

  • かわいくて、すき

  • 映画公開時も「キッチンにネズミって」と批判されたが、やはり衛生的にも生理的にも良くないと思った。
    映画は見てないのが、ネズミの大群が調理してるシーン、想像したら気持ち悪くなっちゃいました(笑)。

全10件中 1 - 10件を表示

キティ・リチャーズの作品

ツイートする