カールじいさんの空飛ぶ家 (ディズニーアニメ小説版)

制作 : しぶや まさこ 
  • 偕成社 (2009年10月1日発売)
4.18
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784037917906

カールじいさんの空飛ぶ家 (ディズニーアニメ小説版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 最初から最後まで、いちいち泣いてしまう。

  • カールじいさんの冒険が面白かった。

  • 中だるみしましたが、めっちゃ泣けました。(この手の話に弱いみたい。)
    泣きたい時にまた読みます。

  •  後半、ちょっと話の内容(カールの家と飛行船とでの戦い)を想像するのが難しかったけど、映画を観た人はしっくりくるのかな?
    いい話だった。

  •  冒険好きな少年と少女だった幼なじみのカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚する。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り、居心地のいい我が家に改築する。喜びも悲しみも分かち合い、仲良く生きてきた2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。ひとり残され、偏屈な老人となったカールは78歳で一世一代の冒険に旅立つ。たくさんの風船と共に大切な家ごと飛び立ったカールが目指すのは、かつてエリーと夢見た冒険の地だった。
     約束を守るということが、一人のおじいさんを動かすきっかけになった。ずっと一緒に生きてきたのに、ひとり残されたカールじいさんの気持ちは、ずっとエリーを思い続けていて、まさにアメリカらしい夫婦だと思った。

  • 観たい、とにかくみたいw

全7件中 1 - 7件を表示

ジャスミン・ジョーンズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カールじいさんの空飛ぶ家 (ディズニーアニメ小説版)はこんな本です

ツイートする