シェイクスピア物語〈下〉 (偕成社文庫 4036)

制作 : Charles Lamb  Mary Lamb  厨川 圭子 
  • 偕成社
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784038503603

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 訳者のあとがきで初めて知ったが、この本1800年頃に書かれているのか、吃驚。
    シェイクスピア劇が伝統として根付いていることを証す一つの成果ですな。
    牽強付会的だが、シェイクスピアものの映画で当方のお気に入り・印象に残る作品はオーソン・ウェルズの『オセロ』とケネス・ブラナー、デンゼル・ワシントンの『から騒ぎ』。
    つまり現代文化を代表する芸術形態たる映画でも取り上げられていることを考えても、子供にシェイクスピアの入り口を用意した本作は非常に意義深いんだろうと推察す。

  • 下巻は悲劇の巻だったと思う。有名どころがたくさんあっておもしろかったけど。マクベスとかリア王とか恋愛色が少ない方がすきかもしれない。オセローは好きです。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

Charles Lamb、1775-1834年。
イギリスの作家・エッセイスト。名文家として知られる。
代表作に『エリア随筆集(Essays of) Elia』(1823年)、『続エリア随筆集The Last Essays of Elia』(1833年)など。

「2017年 『完訳・エリア随筆Ⅳ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

シェイクスピア物語〈下〉 (偕成社文庫 4036)のその他の作品

シェイクスピア物語 下 単行本 シェイクスピア物語 下 チャールズ・ラム

チャールズ・ラムの作品

ツイートする