メグレ警視の事件簿〈1〉 (偕成社文庫)

制作 : Georges Simenon  長島 良三 
  • 偕成社 (1986年8月発売)
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :32
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784038506208

メグレ警視の事件簿〈1〉 (偕成社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本のミステリーとは違う、独特の雰囲気があります。わたしは普段からそんなにミステリーやサスペンスものを読むわけではないので、少しわかりにくかったです。
    フランスの文化や地理についてわかっていればもっと読みやすいのかもしれません。

  • フランス語の原文を読む前のプリリーディングとして借りたもの。
    海外もの!という雰囲気に、刑事もの独特のハードボイルドさに、フランスらしいスパイスが散りばめられていて、とても素敵でした。
    メグレ警視のクリスマス、メグレと溺死人の宿、停車ーー五十一分間の三作が納められたこの本の中では、停車ーが一番タイトルとして洒落ていると思います。ただし、その推理は一番短編だからか、どこかこじつけが多いようにも思いましたが。
    シリーズものらしいので、まだメグレ警視というキャラクターに出会ったばかりのこの本では、彼についてのジャッジメントはできませんが、気になるひとではあります。
    久々に推理ものというか刑事ものというか、を読みましたが、いいですね。変に凝っていないトリックが、逆に登場人物たちをリアルにしていると思います。

全4件中 1 - 4件を表示

メグレ警視の事件簿〈1〉 (偕成社文庫)のその他の作品

メグレ警視の事件簿 〈2〉 (偕成社文庫) 単行本 メグレ警視の事件簿 〈2〉 (偕成社文庫) ジョルジュ・シムノン
メグレ警視の事件簿〈3〉 (偕成社文庫) 単行本 メグレ警視の事件簿〈3〉 (偕成社文庫) ジョルジュ・シムノン

ジョルジュ・シムノンの作品

メグレ警視の事件簿〈1〉 (偕成社文庫)はこんな本です

ツイートする