イソップどうわ 一年生 (学年別・新おはなし文庫)

著者 :
  • 偕成社
3.57
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039230102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いくつもの短編が収録されていましたが、「イソップってこんなにえげつなかったっけ?」って言うのが正直な感想。
    いや、それが人生なのかもしれないんだけど、起承転結の転で終わってしまっているようなお話がいくつかあって。
    衝撃的だったのは、キツネが井戸に落ちて、ヤギがたまたまその井戸を覗いたばっかりに、騙されてヤギは井戸の中に入って来てしまい、キツネの踏み台にされてそのまま井戸の中に置き去りにされた「いどにおちたキツネ」というお話。そんな事ってある?キツネ、極悪人やで。
    この後、どうなるの?冷たい井戸で死んでしまうのー?と取り乱す私に、息子が「きっと誰かが見つけて助けてくれてる!!」と。そうであって欲しい・・。うぅ。そういう、ちょっと嫌な気持ちになる終わり方が何篇かあって、心がザワザワしました。
    一方息子は食いつきが良く、さすが世界のイソップだなぁと痛感。
    この「一年生シリーズ」、我が子は二年生だけど引き続き図書館で予約しようかな?と思ってます。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1939年東京都に生まれる。早稲田大学文学部卒業。主な作品に「キャベたまたんてい」シリーズ、「きつねのクリーニングや」シリーズ(いずれも金の星社)「キツネのかぎや」シリーズ、「へんてこ宝さがし」シリーズ(いずれもあかね書房)、「風の陰陽師」シリーズ、「三国志」シリーズ(ポプラ社)などがある。

「2018年 『キャベたまたんてい 大ピンチ! ミクロのぼうけん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三田村信行の作品

ツイートする