うんち したのは だれよ!

制作 : ヴォルフ エールブルッフ  Werner Holzwarth  Wolf Erlbruch  関口 裕昭 
  • 偕成社 (1993年11月1日発売)
3.94
  • (66)
  • (76)
  • (65)
  • (5)
  • (1)
  • 540人登録
  • 107レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (23ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039611307

うんち したのは だれよ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 子どもが飽きない絵本。
    うんちだからといって、やいやいと囃し立てることなく興味深そうに聞いている子どもたちを見ていると、「汚い」「人をからかうためのもの」でない捉え方をしてくれているんじゃないだろうか、と思いました。
    もっと読み込んでみたいです。

  • ☆1000個ぐらいだよ!
    あ~、くさかった~

  • 汚いけど、クスっとする絵本。ハエの専門家ぶりが傑作。私はどの動物のそれも、もちろん見たことがあるけれど、最近の子どもたちはどうかなぁ・・・。ふと、そんなことを考えてしまった。笑

  • 頭の上にうんちを落とされたもぐらくんが犯人探し。いろんな動物のうんちがわかります。最後がクスッと笑えます。

  • 人気があるようで気になっていたので、借りてよんだ。

    あるひ、もぐらくんが じめんから かおを だしたとき、もぐらくんの あたまに、うんちが おちてきました。
    「だれだ、ぼくの あたまに うんちなんか したやつは?」
    もぐらくんは はんにんを さがしに、どうぶつたちに きいてまわります。

    うんちのおはなし、子どもって好きだよね。
    私も好きだったもの。
    この本は、3年で22刷もされている。
    それぞれの動物のうんちの様子を描いているので、下品ではなく科学絵本になっている。
    (食べ物にたとえられているのがちょっと……という感じだけれど、わかりやすい。)
    余白がいいなぁと思う作品です。
    やられたらやり返したい、って素直な気持ちだよなぁ。
    笑いになってるからいいか。

  • 娘(4)が、うんちしたのはだれよ!と読むと
    息子(1)が、ママ!とかネェネェ!とか言う

  • 24年度1年 ⑫1年  ⑫

  • H28.6.2 20分放課

  • 図書館で借り。
    絵本ナビで見つけて面白そうだったので。

    いろんな動物のうんちが出てくる。
    最後にイヌの頭にうんちしたのはもぐらくんだって、5歳児がちゃんと理解しててうれしくなった。

    ちょうどマザー牧場にこないだ行ったところだから、うしややぎのうんちにも興味津々だったようで。

  • 色々な動物のうんちのかたちが分かる…

全107件中 1 - 10件を表示

うんち したのは だれよ!のその他の作品

うんち したのは だれよ!―とびだす!うごく!えほん 大型本 うんち したのは だれよ!―とびだす!うごく!えほん ヴェルナー・ホルツヴァルト

ヴェルナー・ホルツヴァルトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェル・シルヴァ...
A.トルストイ
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
エリック カール
有効な右矢印 無効な右矢印

うんち したのは だれよ!に関連するまとめ

うんち したのは だれよ!を本棚に登録しているひと

ツイートする