まっくろヒヨコ (世界の絵本)

著者 :
制作 : ピーター エリオット  Peter Elliott  平岡 敦 
  • 偕成社
3.72
  • (9)
  • (7)
  • (10)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 75
レビュー : 25
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784039621900

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  はじめて「まっくろヒヨコ」を手に取ったとき,その可愛らしいデザインとキャラクターにすぐに魅了されました。
     そして,この絵本を読み始めるとよくある内容展開でなごやかな気分でいました。ヒヨコが一生懸命両親を探すのです。
     ぼくは「あぁ,可愛いなぁぁぁあ!!」と思いながらにやにやと読み進めて,いよいよクライマックスというところで……。

     とにかく,これは意表を突かれた。単純なような気もしましたが,先入観がっ……!先入観がっ……!
     この絵本はオトナに読んでほしいと書いてありますが,小生意気な斜に構えたような中学生あたりにこそ読ましてやりたいと思いました。
     

  • 隣で読み聞かせの練習をしていたので、ふんふんと読み聞かせられてたら、衝撃のラストに「うっそォォォ!?」と叫んでしまった絵本です。よくあるパターンかと思って安心しすぎてたよ…。
    おとなってこわい。
    よく考えたら、くろヒヨコちゃんが親を探しに行く理由が弱すぎる。そんなに必然性もないのにフラフラと外出て、で、「さあおいで」ですか。明朝にこの感想書きよったらぞわぞわしてきたわ。ちょっとやめよ。

  • みんなと違う一羽だけ真っ黒なヒヨコが、自分の居場所を求めて旅に出ます。
    ほっこり系なかわいい絵柄とストーリーですが、最後が全くほっこりではありません。
    図書館で赤ちゃんをだっこしたお母さんが優しく読み聞かせをしていたのを見た時、人ごとながら大変心配になりました(笑)

  • 反復を用いた作品で安心して読んでいたら、まさかの…

  • 『POUSSIN NOIR』 1997.9 Pastel - l'école des loisirs 原著

    ブックデザイン 関善之 (VOLARE)

  • まーシュール!!!

    ヒヨコの世界も世知辛い…

  • 予想を裏切るラストに驚愕!

  • 久しぶりに読みたくなって。
    やっぱり可愛い。そして最後のフォントのすばらしさ。
    日本語版じゃないものが本棚にほしいなー

  • うわうわー、こんなにシュールでいいの?ラストビックリした!え、どうしよう…(^^;;これがお好きな方、『カエルごようじん』もきっとお気に召すと思います(^_-)-☆

  • ダークな落ちに、想像力の乏しい子供の頃に読まなくて良かったとほっとした。

全25件中 1 - 10件を表示

ラスカルの作品

ツイートする