ハリネズミと金貨―ロシアのお話 (世界のお話傑作選)

制作 : ヴァレンチン オリシヴァング 
  • 偕成社
4.20
  • (15)
  • (18)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 136
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039638106

作品紹介・あらすじ

森の小道で、ハリネズミのおじいさんが金貨をみつけました。年をとって、冬ごもりのしたくもたいへんになってきたので、この金貨で干しキノコでもかおうと、さがしはじめたのですが、みつかりません。-ハリネズミのおじいさんが、つぎつぎとであう動物たちは、みんな思いやりにあふれています。本来のお金の意味、人と人が寄り添って生きることの意味を思い出させてくれるロシアのお話です。5歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冬ごもりの準備のおはなし。
    金貨をひろったハリネズミじいさんは、
    それで冬ごもりのための物を買おうとするが、
    友だちはみな親切に「そんならあげるよ、作ってやるよ」と与えてくれる。
    ロシアの諺『100ルーブルより100人の友を持て』にあるように、人との助け合い、寄り添い合うことの大切さが暖かく表されてた。

  • 心温まる絵本。ロシアのお国柄と重ねて読むとさらに味わい深いですね。

  • 道で金貨を一枚ひろったはりねずみ。冬の備えに必要なものを買いに行くけれどみんながみんな「それはあげるよ、金貨はほかのいいことに使ったら?」と言ってくれる。きっとハリネズミ、いい人なんだろうなあ。ほしいものがすべてそろったハリネズミ、手元に残ってしまった金貨をどうするでしょうか?毎回10冊近く図書館で娘のために本を借りますが、今回は「これが一番!」だそうです。最後のページ、ほっこり、眠たくなる・・・。

  • 絵がとにかく、暖かくてかわいい。手元に置いておきたい本です。

  • 29年度  2-3
    8分

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 最近読んだ絵本の中でイチバンだった(h29.4.30)

    読んでいると本当に心がポカポカしてきて皆んなの優しさに涙がでる

    最後 ハリネズミがまた、金貨をもとの場所に戻すっていうのが、良い

    100ルーブルよりも100人の友

  • 大好きなお話。心がぽかぽか暖まる!森の皆が温かく冬を過ごせますように!

  • ある日ハリネズミが金貨を拾います。これで、冬越しのためのキノコを買おう!とよろこぶのですが、キノコならあげますよ、とリスさん。そのお金はもっと大事なものに使うといいわ。それなら靴をというと靴までお友だちが作ってくれます・・・。自分が困っているときに、本当に必要なのは、何でしょう?思いやりに満ちあふれた、ほんわか優しい絵本です。絵の美しさが登場する動物たちの暖かさをさらに引き立ててくれます。

  • 年長に読んだ。
    ほのぼのしててよかった

全24件中 1 - 10件を表示

田中潔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ビバリー ドノフ...
モーリス・センダ...
マイケル・グレイ...
ポール・フライシ...
トミー=アンゲラ...
ユージーン トリ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリネズミと金貨―ロシアのお話 (世界のお話傑作選)に関連するまとめ

ツイートする