マーシャと白い鳥 (世界のお話傑作選)

制作 : 出久根 育 
  • 偕成社
3.52
  • (4)
  • (7)
  • (18)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 92
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039638601

作品紹介・あらすじ

白い鳥に弟をさらわれたマーシャ。さがしにいく途中で出会うのは、土でできたペチカ、赤い実をいっぱいつけたりんごの木、そしてミルクの小川。さあ、マーシャは弟を、つれもどすことができるでしょうか?ロシアに古くから伝わる昔話。5歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロシア昔話

    マーシャは両親に頼まれ、出かけている間、弟ワーニャの面倒を見るはずが、遊びに出かけているすきに、白い鳥にさらわれる。

    探しにでかけるマーシャ。
    ペチカ
    りんご
    ミルクの小川とチーズの岸
    それぞれの頼みを聞き、白い鳥の行方を追う。

    ワーニャはババヤーガにさらわれていた。

    帰りも
    ペチカ
    りんご
    ミルクの小川とチーズの岸
    の助けで、無事、家に戻れる。

    りんごの赤

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • ★2005年度日本絵本賞大賞

    配置場所:2F絵本架
    請求記号:E||98||Ma
    資料ID:W0158009

  • 白い鳥に弟をさらわれたマーシャ。ペチカ、りんご、チーズの岸とミルクの川、いろんな助けを借りて弟の所にたどり着きます。出久根さんの絵は人が苦手なのですけど、風景はすごく好きです。このお話は人物が風景に溶け込んでいて、色彩やタッチはとても好きです。ババヤガーのシーンや追いかけてくる白い鳥は臨場感があって迫力満点でした。

  • 図書館より。かかりつけの眼科に置いてあって面白かったので借りてきた。ロシア民話。昔うちにあったおはなしの全集にあったし、日本にも似たような「やまなしとり」という昔ばなしある。

    絵の迫力にこどもたちも引き込まれていったみたい。

  • 日本の話でもこういう展開のあったなあと思った。

  • きちんと仕事をしないといけませんよ。そうすればそれなりの結果になりますよ。そんな感じの絵本。

  • ロシアに古くから伝わる昔話を、1969年生まれ・武蔵野美術大学卒業の出久根が、文と絵を描いた。
    彼独特の美しい色彩とフォルムが頁を繰る事に目を釘付けにする。
    チェコスロバキアに移り住み新しい世界に飛び込んで行かなければならなかった自身をマーシャに重ねていたというように、緊張感あふれる進行である。
    ロシアの風俗が余すところなく描かれている処も楽しい。

  • ロシア民話。

  • あかずきんのような風貌の女の子に林檎などおとぎ話モチーフがたくさん。
    ロシアの昔話に出久根さんの独特の絵がマッチしていて素敵な絵本。

全12件中 1 - 10件を表示

ミハイル・ブラートフの作品

ツイートする