花の詩画集 足で歩いた頃のこと

著者 :
  • 偕成社
4.80
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (111ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039639509

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 星野富弘さんの本はだいぶ以前から読んでいて、今回の「タイトル」がなかったら、スルーしたかも。

    読んですごく驚かされた。絵が格段にうまくなっていたし、エッセイも絵と同様に心に深く響いてきた。
    前向きに生きている限り人は成長していくものですね。実感。

  • 星野さんの絵が好き。
    詩が好き。丸みのある字も好き。
    青年だった星野富弘さんももう高齢になったんだなぁ。

  • 2017年8月11日

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

作詩:詩人・画家。群馬県勢多郡東村に生まれる。群馬大学教育学部体育科卒業。中学校の教諭になるがクラブ活動の指導中頸髄を損傷、手足の自由を失う。入院中、口に筆をくわえて文や絵を書き始める。1979年、前橋で最初の作品展を開く。1981年から雑誌や新聞に詩画作品や、エッセイの連載をはじめ、1982年、高崎で「花の詩画展」開催以後、全国各地で開大きな感動を呼ぶ。1991年、村立富弘美術館開館。ニューヨーク(97年)、ホノルル(00年)、サンフランシスコ、ロサンジェルス(01年)、ワルシャワ国立博物館(04年)で「花の詩画展」を開催。05年、(新)富弘美術館新館開館。群馬県名誉県民


「2016年 『男声合唱組曲 神様ありがとう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星野富弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする