ほらいしころがおっこちたよね、わすれようよ

著者 : 田島征三
  • 偕成社 (1980年6月発売)
3.78
  • (4)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 31人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039641304

ほらいしころがおっこちたよね、わすれようよの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ネガティブ、ポジティブの 繰り返し…でも こんなのが 毎日 繰り返されていたら 疲れるな(^o^;)

  • 人物が抽象的に描かれているのは、感情や様子を反映する為の表現なんだろうけど、回りくどくて独り善がりな感じがした。また、色合いや画風のせいもあって、気味の悪さすら感じる。
    物語の方も、一般的に経験を重ねているはずの老人が、失敗しても反省することなく、忘れることで心の均衡を保とうとするのに違和感があった。
    これからも主人公があんな風に生きていくのかと思うと、ぞっとする。

  • よっしゃ!切り替えてくぞー!

  • 許すことよりも、許されることを受け入れるのは私にはまだまだ遠い。だから、夢のような希望を込めて憧れるおはなし。

  • 児童室の25歳の絵本コーナーにもある『しばてん』、『ちからたろう』、『ふきまんぶく』や、「やぎのしずかシリーズ」でお馴染みの作者の作品。しかし、これまでの作風とはガラリと違い、苦悩の末たどりついた描画とのこと。芸術的要素の強い描き方がされています。ストーリーは、何をやっても失敗ばかりしてしまうおじいさんと、それにうんざりしつつも根気よくつきあうおばあさんのお話。長年連れ添う者同士、お互いを理解しつつ受け入れている「いい夫婦」の絵本です。

  • <a href="http://pictbook.seesaa.net/article/10278072.html">失望感をリセットするおまじない(続きを読む) </a>

  • 田島 征三氏は
    「この絵本は、 ぼくの前世と現世を、区切ってくれた絵本だから、想いも、考えも いっぱいあて,短い文章にはならない。(中略) ぼくの人生を変えた作品とでも いっておこう。 」
    と言っています。
    なにか失敗した時、「ね、わすれちゃおうよ」って言えたらいいなって思います。

  • 田島征三さんの絵本。
    失敗や嫌なことが、ホントに最初ッからなくなれば良いのにね^^

全8件中 1 - 8件を表示

田島征三の作品

ほらいしころがおっこちたよね、わすれようよはこんな本です

ツイートする