写真絵本 自然のかくし絵―昆虫の保護色と擬態

著者 : 矢島稔
  • 偕成社 (1999年4月発売)
3.11
  • (0)
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 28人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (68ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039661104

写真絵本 自然のかくし絵―昆虫の保護色と擬態の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • もっと隠れていて欲しかった。

  • この1ページのヤツだけ、どうしてもみつかんない。答えのところに「とんぼ」って書いてあるんだけど。いないよ。
    枝の間が動いたっていうけどさ。(S8)

  • 雑木林の中を歩いて、昆虫をさがしている気分になれる本。
    地球上で100万種以上いて、個体数も多い昆虫。しかしモンシロチョウなどは、成虫になれるのが2%。98%は鳥や獣に食べられたりして死亡しているのです。食物連鎖の中で食べられる代表の昆虫としては、身を守るのは大切、見つかりにくい姿をするのは自然のことなのです。

    ちょっと、写真の配置や文章は昔のタイプのものなかんじがします。
    トリックアート的な本と一緒に紹介しても面白いかも。

全3件中 1 - 3件を表示

矢島稔の作品

写真絵本 自然のかくし絵―昆虫の保護色と擬態はこんな本です

ツイートする