日本どんぐり大図鑑

著者 :
  • 偕成社
3.75
  • (2)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039711403

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★どんぐりにあんぐり!

    【内容】
    どんぐりは、この本ではブナ科全体の果実の総称としているとのこと。
    木に著者は出会いに行く。イメージにあった相手を探す。
    木は影まで細かく描かれる。逆に言えば光まで描かれる。
    光沢と硬さまで感じさせるどんぐり。
    著者は英国王立園芸協会(RHS)ボタニカルアート部門金賞を受賞された方だそうだ。

    【感想】
    どんぐりがこれほど多彩だとは。
    ひとつの木に生まれるものすら個体差がある。
    存在感のあるボタニカルアートが美しい。
    常にかたわらに置いて眺めていたい一冊。とくに秋には。
    木の多い公園にでも出かけてみたくなる。
    昔はどんぐりなんていくらも落ちてたもんですが。

    (2012年10月8日読了)

  • こういう「どんぐり」の本が欲しかった。図鑑は写真より絵の方がずっとわかりやすいのです。お子さんに「これ何の木?」と聞かれてどの木を見ても「どんぐりの木。」としか答えられなかったお父さん方!これからはこれ一冊あれば大丈夫ですよ。

  • 凄いどんぐりマニアの本。負けた。

  • 未購入。日本の現存するどんぐり全種(和種30種、外国産10種)を実物大の精密画付きで解説。世界初、だそうです。
    <a href="http://www.kaiseisha.co.jp/cgi-bin/find2.cgi?page=bookshop_outdtl&isbn=971140-8&orderid=207441079915640363">>偕成社サイトへ</a>

  • どんぐりについて、網羅的に解説した図鑑。植栽されたオークの類についても解説があるのがポイント。イラストが美麗であり、非常に使いやすい。イラスト図鑑の方が写真図鑑より見やすい事を示す良い見本である。個人的には食べ方のコーナーが好きである。

  • こういう「どんぐり」の本が欲しかった。図鑑は写真より絵の方がずっとわかりやすいのです。お子さんに「これ何の木?」と聞かれてどの木を見ても「どんぐりの木。」としか答えられなかったお父さん方!これからはこれ一冊あれば大丈夫ですよ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

思春期保健相談士。性教育、CAP、HIV/AIDS予防啓発、デートDV防止、びーらぶなど、「性・子ども・暴力防止」をキーワードに人権擁護活動をしている。著書に『からだノート~中学生の相談箱』(大月書店)など。

「2016年 『LGBTなんでも聞いてみよう 中・高生が知りたいホントのところ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

徳永桂子の作品

ツイートする