風の又三郎―宮沢賢治童話傑作選

著者 :
制作 : 田原 田鶴子 
  • 偕成社
3.70
  • (2)
  • (4)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (87ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784039720405

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供の飾らない友情に、ほんのりする…

  •  「どっどど どどうど…」が非常に印象的。9月1日、一郎の通う谷川の岸の小さな学校に転入生がやってくる。転入生の三郎は、少し変わった感じの少年。三郎が何かをすると風が吹いてくることから、“風の又三郎”と呼ぶようになり、しだいに仲良くなっていく。

  • 又三郎は9月1日に転校してきます。山の上の小さな学校です。
    もうみんな大騒ぎ!
    又三郎は、他の子供たちの考え方に大きな波紋を投げかけて
    風のように去っていくのです。
    キットこの物語を読んだ後に貴方は又三郎にどこかでまた会ってみたくなるでしょう。
    私は、風が吹くとそこに又三郎がいるのではといつもあたりをきょろきょろしてしまいます。

  • 2010年9月10日
     
    装丁/岡本明

  • 少年と村の子供たちとの心象風景を

    現実と幻想の交錯として描いた秀作の物語です。



    どっどど どどうど どどうど どどう

    青いくるみも吹きとばせ  すっぱいかりんも吹きとばせ


    ある風の強い日…

    谷川の岸の小さな小学校に、不思議な少年が転校して来ました。

    地元の子供たちに少年は、「風の神の子 ではないか?」

    という疑念とともに受け入れられたのでした。

    さまざまな刺激的行動の末に、学校を去っていきました。


    どっどど どどうど どどうど どどう

    風は まだやまず、窓ガラスは雨つぶのために曇りながら、
      
    また がたがた鳴りました。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

大正・昭和時代の詩人・童話作家。岩手県出身。農学校の教師をしながら,詩や童話を書いた。『銀河鉄道の夜』『どんぐりと山猫』等の童話や、詩『雨ニモマケズ』など名作を多数創作。

「2018年 『注文の多い料理店/野ばら』 で使われていた紹介文から引用しています。」

風の又三郎―宮沢賢治童話傑作選のその他の作品

宮沢賢治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする