類語国語辞典

  • 角川書店
3.89
  • (20)
  • (11)
  • (21)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 142
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (1309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040120003

作品紹介・あらすじ

『角川類語新辞典』に収められた現代語を中心に新語・連語2000余語を加えた分類語彙辞典。十進分類方式による「語彙分類体系表」に基づいて分類収録し、各見出し語の下に用例・語釈・位相・対意語・参照番号を記載する。巻頭に五十音順索引を付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素晴らしすぎる。
    ありがとうございます。

  • 高校生の頃からずっと使っています。
    手放せません。
    デザインも素敵。
    紙質もさらさらしていてめくりやすいです。

  • 初めて自分で辞書を買って(学校で指示された以外に)、初めて面白い!?と思った辞書。面白くてびっくりした。
    辞書をよく使う人の意見からすると語数や見出しの大きさその他細かい点に問題はあるのだそうだが、表紙の通り、グラデーションのように似た色の言葉が広がっていく、不思議な辞書。
    特にこの辞書独自と思われる語彙分類体系表は何とはなしに眺めているだけでも面白い。

  • 「日本語大シソーラス」という超特大類語辞典もありますが、使い勝手の良さや、補足説明、実例がある点で、こちらのほうが断然上。

    これを手にして10年たったが、いまだ色褪せない実用性があります。

  • まだ届いて幾つかの言葉を調べただけではあるけれど、この辞書とても良い!私が求めていたのはこれだった。例えば「驚く」という意味でも、これだけ様々な表現がったのか…と。読めばどれも知っている表現なんだけど、自分が文章を書く時はどうしても同じような表現ばかりになってしまうので、この辞書を積極的に使って、語彙を増やしていきたい。パラパラめくっているだけでも結構楽しい。

  • 自分は、この本と、iPhoneアプリも使用している。
    iPhoneアプリは、この辞書の特色をよくつかんでいて、ユーザインターフェイスは、革新的である。

    両方を利用すると世界が変わる。

  • 友人大絶賛の辞書。

  • thesaurusとは違った感じの類義語辞典。
    日本語の類義語辞典は初めてなのでちょっと戸惑い気味です。
    にしたって、不思議な構成だ…

  • いい辞書。

  • 書き物ネタを再錬成するときの必需品です。読んでいるだけで楽しい。この本丸ごと1冊分の知識がほしいです。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1919-2008年。東京生まれ。国語学者。著書に『日本語の起源 新版』『日本語練習帳』『日本語と私』『日本語の年輪』『係り結びの研究』『日本語の形成』他。編著に『岩波古語辞典』『古典基礎語辞典』他。

「2015年 『日本語と私』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大野晋の作品

類語国語辞典を本棚に登録しているひと

ツイートする