消えたママ友 (MF comic essay)

著者 :
  • KADOKAWA
3.57
  • (13)
  • (15)
  • (32)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 263
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040643175

作品紹介・あらすじ

優しい旦那さんとお姑さん、かわいいツバサ君に囲まれてキラキラ幸せそうだった有紀ちゃん。そんな有紀ちゃんがある日突然姿を消した。
保育園のママたちの間ではその話題で持ち切り。噂では有紀ちゃんは男を作って逃げたということらしい。

有紀ちゃんとは仲良しだったはずなのに、何も知らなかった春香、ヨリコ、友子。
しかし、みんなそれぞれに思い当たることがあった・・・。

平凡な日常を襲った時間を巡って、ママたちがじわじわと自分たちの闇に気づいていく。これは、あなたの日常にも起こるかもしれない物語。

【もくじ】
1章 消えたママ友
2章 有紀ちゃんを探せ
3章 本当のことなんて話したりしない
4章 ママ友がいない
5章 つないだ手
6章 本当の有紀ちゃん
7章 あの日

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 神戸新聞NEXT|全国海外|エンタメ|『消えたママ友』野原広子著 本音の先を静かに描く
    https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/entertainment/book/202009/0013706080.shtml

    消えたママ友|野原広子|コミックエッセイ劇場
    https://www.comic-essay.com/episode/304

    消えたママ友 野原 広子:一般書 | KADOKAWA
    https://www.kadokawa.co.jp/product/321909000770/

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      手塚治虫文化賞受賞で話題の『消えたママ友』。渡辺ペコさんと富永京子さんが語る「野原広子作品の魅力」とは? | ダ・ヴィンチニュース
      http...
      手塚治虫文化賞受賞で話題の『消えたママ友』。渡辺ペコさんと富永京子さんが語る「野原広子作品の魅力」とは? | ダ・ヴィンチニュース
      https://ddnavi.com/interview/790589/a/
      2021/06/05
  • すごく面白かったです。

    同じような立場の皆さんの感想が知りたい。

  • 他人の事情を覗き見しているような感覚になって面白かったが、読んだ後悲しくなった。
    みんな他人の言動に敏感になって生きてる。
    生きづらい世の中だなぁ〜と感じた。
    今後ママ友とか怖くて欲しくない(笑)

  • この作者さんの、別のママ友話を読んで、なんとなく絵柄や雰囲気が好きで、購入しました。

    仲良しのママ友ゆきちゃんが、ある日ツバサくんを置いていなくなってしまう。

    そのことを知ったヨリ、友、春の三人それぞれに複雑な思いが芽生えるというお話です。

    まあ、明るい展開ではないというのは分かっていましたが。
    この漫画を読んでいると、やっぱりツバサくんがいちばん心配になるなー。
    ゆきちゃんも、おばあちゃんも、お父さんも、そこがすっぽりと抜けて、ただただ自分にとっての幸せのカタチだけを追いかけている。

    そこにツバサくんいるよー!って焦る。

    あー。辛いなー。

    そして終わり方が、割と唐突です(笑)
    その先を想像しようにも、なんか、もう皆不穏ですけど!ってちょっとびっくりしました。
    続編あるんですよー、って言われたら、あ!やっぱりそうですよねー!ってなるレベルです。

    けど、続編出たら読むと思う。
    なんか、吹っ切れてほしいし、ツバサくんのその後が気になるもんなー。

  • 自分の親もこんな付き合いしてたんだろうな。世のお母さんたちは凄いタフだ。

  • ツイッターなどで話題になっていたのと、Kindle Unlimitedに入っていたので読んでみた。

    まず、作品以前の話だが、版元が本作を「コミックエッセイ」というくくりで売っていることに違和感を覚える。

    「コミックエッセイ」は、文章のエッセイと同様に、著者自身が体験した事実をベースにしたものであるはず。
    フィクションの本作を「コミックエッセイ」と呼ぶのは不自然だろう。

    さて、肝心の内容だが、予想以上によくできていて、面白かった。

    なかよしママ友グループの一人「有紀ちゃん」が、ある日突然、まだ幼い息子を置いたまま「消える」。

    息子はそれからも、何事もなかったかのように、旦那や同居の姑に連れられて保育園に通ってくる。

    「有紀ちゃんは男を作って逃げたらしい」という噂だけが広がり、事情がわからないママ友グループの面々は戸惑い、悲しむ。
    〝なかよしだと思っていたのに、なぜ私たちに何も言わずに消えてしまったのか?〟と……。

    グループの一人ひとりだけが知っている「有紀ちゃん」の姿が描かれ、それらが少しずつつながって像を結ぶ。グループ内の「有紀ちゃん」像が塗り替えられていくのだ。

    そして、グループの一人が街で偶然「有紀ちゃん」に再会し、ことの真相が明らかになっていく。

    ……という、ほんのりミステリー仕立ての物語。

    ストーリーはよくできているが、絵があまりにヘタ……、もとい、あまりに絵柄がシンプルすぎて、キャラの描き分けができていないのが難点。

    たとえば、「有紀ちゃん」はグループの中で際立った美人という設定なのだが、セリフでそう説明されなければ、ほかの面々との違いがわからない。

    かりに、テレビドラマ化か実写映画化されれば、絵の弱点は帳消しになるので、けっこういけるかもしれない。

  • これは私だ。

    そう思ったひとがたくさんいるんじゃないか。
    私もその一人で、色々と嫌なことも思い出しながら読んだ。

    私の感覚でいうと、子どもが小学校入学までにできる(子ども同士だけでは遊べない年齢の子を持つ)母親仲間が「ママ友」だ。「友」とついてるけど、表面的な関係のことが多い。

    この頃の母親たちは誰もが、家の内外にストレスや不安や焦りや不満といったモヤモヤを抱えて、それでも毎日子どもの世話に追われて生きている。
    一つ一つ取り出して眺めたら、「とっても幸せ」なことばかり。何の文句があるのかと自分でも思うけど、「だけど」が離れない。
    周りの家庭と比べては妬み、子どもの成長を比べては焦り、自分自身の若さにも未練がある。苦しいよねー、と読みながら春ちゃんたちを抱きしめたくなる。よく頑張ってるよ偉いよと。

    年齢も性格もバラバラなことが多く、揉め事も多い(笑)「ママ友」だけど、そんなに悪いものではない。こんな自分の周りにまだ居てくれる彼女たちは、同じ悩みを共有した「戦友」のようなところがあって、子どもの手が離れつつある今は、一緒に老いていく心強い仲間になる。(まあそこも、妬みや焦りのネタになりうるわけだけど。人間だもの。)


    ちなみに、子どもが小学校に上がると、なぜか憑き物が落ちたように楽になります。「ママ」であることから解放されるからかなあ。

  • ママ友は友達よりも付き合いが複雑で大変なこともあるけど、いると心強い。色々考えさせられました。

  • 朗らかで気が利いて、商社でバリバリ働き、いつも身綺麗にしている有紀ちゃん。
    すこしクールだけどかわいい息子のツバサくん、カッコよくて優しいと評判の旦那さん、家事も子どもの世話もしてくれるお姑さんとの四人暮らし。
    幸せそうな生活を主人公たちから羨ましがられていたが、ある日突然、幼い子どもを置いて有紀ちゃんは失踪してしまう。

    若い男と逃げたと噂が立つが、保育園でツバサくんは虫をバラバラにして遊ぶようになり、「パパ、ママのことぶった」と呟くのを主人公は耳にする。
    心配した主人公は彼女と連絡を取ろうとするがメッセージアプリはいっこうに既読がつかず、有紀ちゃんの携帯電話を旦那さんが使っているのを目撃して――!?


    軽めのイヤミス(嫌なミステリー)という感じの漫画でした。うーん、じわじわとしんどい……。
    ただ、ラストシーンにはちょっとニヤッとしてしまいました。このオチにぞっとしたり憤慨したりする人もいるかも。

    kindle unlimited対象。(2021.02)

  • なんか中途半端。

    ちゅうとはんぱなモヤモヤ感。

全30件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

イラストレーター、漫画家。著作に『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』『離婚してもいいですか?』『離婚してもいいですか?翔子の場合』『娘が学校に行きません-親子で迷った198日間-』(KADOKAWA)など。 http://ameblo.jp/nohahiro/『野原広子のブログ』

「2020年 『消えたママ友』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野原広子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇佐見りん
ヨシタケシンスケ
アンデシュ・ハン...
矢部 太郎
村田 沙耶香
馳星周
辻村 深月
村田 沙耶香
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×