じじ猫くらし

著者 :
  • KADOKAWA
4.21
  • (18)
  • (11)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 247
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040646428

作品紹介・あらすじ

「出会って12年。ずーっと猫と一緒」
人間と猫、ひとつ屋根の下でのどかなふたり暮らし。
猫と暮らすなにげない幸せが詰まった心温まる猫コミックエッセイ。

全編オールカラー&単行本には「猫との出会いの話」「桜を一緒に見た話」「猫と離れて暮らしていた時の話」「猫の寿命と向き合う話」といった長編4作品を含めた描き下ろし36Pを収録。

猫と暮らすなにげない日常を大切にしたくなる、心温まる一冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 猫を飼っていると共感することがたくさんあります。
    日々の何気ないところが可愛くて、愛おしい。
    優しい時間が流れてきます。

  • 老いを意識すると切なくなるが、読んでいるとまったりと緩やかな時が流れる。

  • 何気ない猫と暮らし、それがとても幸せに感じる。

  • 202008/初めて知った作家さんで表紙買い、絵柄や色合いもあってのんびり楽しめる一冊。

  • 12歳でジジイと言われてしまったら、飼い猫もそんな歳。いつまで元気でいてくれるのか考えるだけで、悲しくなってしまう。いつまでも長生きしてほしい

  • Twitterでたまたま猫漫画を見て絵のタッチと漫画ののんびりさに癒やされたので購入。
    猫漫画は他に鴻池さんのぽん太の漫画を持っているけど、そっちとは真逆と言うか、ほんとにのんびり猫との毎日をつづった本で癒やされた。

    絵柄が見やすいのと、癒やされるというところで星4。エッセイ好きな人や癒やされたい人はぜひ。

  • Twitterで人気のふじひとさんと猫さんの漫画が待望の書籍化したので読みました。
    絵本のようなタッチの絵柄が魅力的でした。
    モノクロ化せずTwitterでの発表のままの色合いで嬉しい!
    あと時々書籍化するとTwitter以上の内容がなくてうーんとなることがありますが、じじ猫くらしははずれなしで楽しめました。

  • Twitterで見かけて以来のんびり追っかけていた。シンプルで柔らかいタッチ、暮らしの観察に基づいた描写、やさしい色遣いがとても素敵。本になってくれてうれしい。

    猫と一緒の生活のささやかな幸せがほんのり胸を温める。いま猫と暮らしてる人、これから猫と暮らしたい人、いままでに猫と暮らしたことのある人にぜひ。そんな1冊。
    すでに読んだお話も、本になって初めて読んだお話も、どれも愛が詰まっていてほっこりした。気ままな猫もつきあう著者も、お互い大好きなんだとよくわかる……。
    猫と暮らしてる人あるあるな描写に笑いがこぼれることも多々。振る舞いそのもの(高みの踏破とか)もそうだし、それ以前にこの猫さんのお喋りなところが特に。うちの猫も頻繁に、しかも色んな鳴き方をするから、擬声語の多彩さに思わずにやり。そうそう、こんな感じ。
    あったかい気持ちの陰のさみしさ切なさも沁みた。化けてくれていいんだよ。

  • ゆるーい猫との暮らし。
    あるあるがいっぱい。
    そして、羨ましいこともいっぱい。
    ふふふってなる。
    猫って素晴しい。

  • ちゅーるを置くとカメラ目線ってのが愉快。
    猫ってそういうとこあるよな~ってのが色々で面白かったです。確かにお風呂入ってる人に何か主張するのはなんなんだろう?

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

Twitter@delpilot

「2020年 『じじ猫くらし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ふじひとの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エラ・フランシス...
ポール・ギャリコ
アンジェラ・アッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

じじ猫くらしを本棚に登録しているひと

ツイートする
×