プリンセスお母さん2

著者 :
  • KADOKAWA
3.53
  • (3)
  • (4)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040647760

作品紹介・あらすじ

プリンセスの心を抱いて日々を送る
主婦・並庭“カトリーヌ”ママ子。
庶民の平凡な生活の中にきらめく姫力が今日も波乱を呼ぶ!
第2巻では娘家族とのエピソードや夫婦の馴れ初め話などを収録し、“ナミニワ国”は一層にぎやかに。
抱腹絶倒、だけど家族愛に満ち溢れた
並庭家の日常をお届けいたします!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 担当さんとお母さんの三者面談好き。エアドレス挨拶とか、担当さんの姫力もなかなかなのでは。一人WHOだったりママビエだったり、コロナ禍の描写がちらほら。何年か後に読んだ時、こんなこともあったねって思えるのかしら。お姉さんもママ子さんの血を引いてる感がある。イケメン技をくりだす甥っ子くんの将来はどうなるの。

  • 2巻もパワフルでした。でも後半はちょっとしんみりしてしまった。こうなるまでのお母さんの過去とか。とても良いお母さんだと思います。さらなるご活躍を望みます。

  •  ファンキーなお母さんの日常風景が楽しめるコミックエッセイシリーズの二巻である。
     前巻から姉夫婦の息子がメンバーに加わって、彩りはさらに増している印象である。

     なんとなくの印象だが、前巻よりも切れ味が増している風にも見える一巻だった。
     ただ、これは読者の側がノリに馴染んで、自分から乗っていけるようになっている面もあるかもしれない。
     見直してみると、描写のアグレッシブさが増しているようにも見えるし、読んでいてきちんと評価できているのか悩むところである。
     やっぱり、ノリに慣れてきた感じもあるような……?

     ちょっと思い悩みつつ、より楽しく読ませていただいたので今回は星四つ半相当と評価している。
     なお、余談だが、心なしかお母さんからの直筆メッセージの字の感じが変わっている気がする。努力家な方だから、公開の機会を得て練習されているのかも?

  • 1巻より面白かった。

  • お母さん最高だな。

  • 思ってたよりイマイチ

  • コロナ禍でもブレない姫に拍手
    職場の人たちもいいですね
    孫の世話も楽しんでくれていいお母さまだ

  • 実録系には珍しく毒気がなくて楽しく読めて、読後感も良い素晴らしい漫画なんすよね。

  • 一巻ほどのおもしるさはなかったが、相変わらず作者の言葉の扱いセンスにくすりとくる、
    お母さんのプリンセスライフの論理のあり方が真面目であざとくなくたのしめる。
    普通の人がすればあざとい芸人風になるところがそうでないのがよいところ。
    まごくんのキャラが天性のカサノバの存在をしらせてくれる。
    この才能は一生続かないこともあると思われるけど。
    末恐ろしいといわれた子がなにも恐ろしくなくなることのほうがおおいので。
    地味に3巻が期待される。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

並庭マチコ(なみにわ まちこ)
漫画家・イラストレーター。2018年『ヤングアニマル』読切5回掲載。多摩美卒。家族や友人などの実録漫画を描いており、母中心の実録漫画『プリンセスお母さん』が2019年11月29日刊行される。

並庭マチコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
矢部 太郎
羽海野 チカ
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×