いつか僕らが消えても、この物語が先輩の本棚にあったなら (MF文庫J)

著者 :
  • KADOKAWA
4.50
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040648040

作品紹介・あらすじ

憧れの先輩に誘われて作家になると心に決めた二人の男子高校生。そんな二人に突然プロデビューのチャンスが舞い込んできて――!? 熱い気持ちがぶつかり合う、創作青春群像劇!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小説家を目指す少年を主人公に思春期のもどかしさ、物語を書くことの楽しさや辛さを描いたライトノベル。
    自分の考えていることを口に出すことすらためらいがちな時期の少年少女が物語やそれを書く人物の魅力にひかれ、いつまでも残る小説に挑戦する姿が描かれている。
    今後どうなるかはわからないが、続編が出てもよさそうな終わり方をしているので期待。
    舞台となっている学校の昼休みが1時間弱ありそうでうらやましくなったのと、途中の挿し絵が少し場面と合ってない(服装とか汚れ具合なのでほんとに微小)のが気になった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

第24回ファンタジア大賞にてデビュー。硬軟織り交ぜた小説表現を得手とする気鋭の書き手。主な著作に『お後は笑顔がよろしいようで』(富士見書房)、『天空監獄の魔術画廊』(角川書店)などがある。

「2016年 『僕とやさしいおばけの駅 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

永菜葉一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×