究極進化したフルダイブRPGが現実よりもクソゲーだったら (MF文庫J)

著者 :
  • KADOKAWA
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040648071

作品紹介・あらすじ

冴えない高校生・結城宏がひょんなことから入手したフルダイブRPG『極クエスト』。技術の粋を集めて作られたこのゲームは「リアルを極めた」という謳い文句に違わず、グラフィック、NPCの挙動、草木の香りや肌をなでる風、すべてが究極の出来映えであった――リアル過ぎて、クリア不可能なほど「めんどくさい」ゲームである、ということ以外は。
「フラグ数10,000,000,000,000,000以上!? 身体能力も現実そのままかよ!!」
「ええ。殴られれば痛いし、斬られれば数日は傷が治らない。史上最高にリアルなゲームよ!」
報酬は達成感のみ。軽い気持ちで遊べない、史上最もストレスフルなゲームを攻略せよ!

著者プロフィール

カドカワBOOKSより刊行された「この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる」で作家としてデビュー。

「2019年 『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる7』 で使われていた紹介文から引用しています。」

土日月の作品

ツイートする
×