瀧夜叉姫 陰陽師絵草子 第一巻 (ヒューコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040649771

作品紹介・あらすじ

天徳四年(西暦960年)春。京で「盗らずの盗人」「妊婦の連続殺人」と奇妙な事件が続く中、天文得業生・安倍晴明と友人の源博雅は、奇妙な仕事の依頼を受ける。それは後の京を揺るがす災厄の前触れだった……!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 夢枕さんの陰陽師は、私のバイブルです。
    ですので漫画家には期待と不安が半々でしたが…この一話を読んで間違いなくおもしろい作品になると確信しました!!
    原作とはちょっと距離感の違う晴明と博雅の関係性もいいですが、柔らかい大和言葉の博雅さまにきゅんとします。
    原作よりちょっと、ボンボンっぽところがとてもかわいい。

  • もはや固定化した安倍晴明周辺のイメージを覆した素晴らしいキャラ造形。口が悪く邪悪さすら感じる晴明、大和弁の賀茂保憲もさることながら、個人的にはバリバリきったない播磨弁の蘆屋道満がツボだった。兵庫住みなので!
    だいたいお上品になるはずの平安物だけど、この辺のキャラの台詞がだいたいアレなので物凄く新鮮な感じ。
    睦月ムンク版のコミカライズが岡野玲子版陰陽師を踏襲し、瀧夜叉姫がサブタイトルだったのに対して、こちらは著者後書きにもあるように陰陽師はおまけ、瀧夜叉姫がメインタイトルということで今後の展開もとても楽しみ

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1963年、東京都生まれ。漫画家。『ニルヴァーナ・パニック!!』『斬魔剣伝』など。2015年、本書と同じく夢枕獏が原作のコミック『荒野に獣慟哭す』(徳間文庫 全5巻)が完結し、話題に。

「2015年 『闇狩り師 キマイラ天龍変』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊藤勢の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×