つかのまのこと

  • KADOKAWA
3.17
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 59
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040650630

作品紹介・あらすじ

作家・柴崎友香が俳優・東出昌大をイメージし純文学小説を執筆。さらに、<物語>に合わせ写真家・市橋織江がその世界観を撮り下ろし。作家、俳優、写真家。各界で第一線を走るクリエイター3者が集結し、<一冊>を作り上げた、“新しい純文学”。

「わたしのほうが幽霊である、と気づいたのは、早い時期であったように思う。」かつての住み家であったのであろう、“この家”を彷徨い続ける“わたし”。その理由がわからないままに時は移り変わり、家には次々と新しい住人たちがやってくる。彼らの光景を見守り続ける“わたし”は、ここで、いったい何を、誰を待っているのか――。ラスト、あなたはその<結末>に、きっと涙する。あなたは、大切だったあの人の“顔”を、覚えていますか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東出昌大さんの素敵な横顔のカバーを外すと、きれいな赤の表紙。写真も懐かしい昭和の雰囲気で良いです。
    自分がだれで、ここがどこで、何をしているのかもわからない主人公。
    作品紹介で「ラスト、あなたはその<結末>に、きっと涙する。」と書かれていましたが…
    偶然の再会? でも結局誰かわからず、再会も主人公の一方的なもの  どうにかなるわけでもなく
    これで心残りなく旅立てるということだろうか?
    消えていった人たちはどうだったのか、ただ一瞬にして消えていったのか    う~ん もう一つ
    何かが欲しい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

柴崎友香(しばさき ともか)
1973年、大阪府生まれ。大阪府立大学総合科学部国際文化コース人文地理学専攻卒業。大学卒業後4年OLとして勤務。1998年、「トーキング・アバウト・ミー」で第35回文藝賞最終候補に残る。1999年、「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」が『文藝別冊 J文学ブック・チャート BEST200』に掲載され、同作が収録された『きょうのできごと』が2000年刊行、単行本デビュー。その後同作は2003年に行定勲監督により映画化された。2007年『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞・織田作之助賞大賞、2010年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、2014年『春の庭』で芥川賞を受賞。
主な著作に『次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?』『わたしがいなかった街で』『週末カミング』『パノララ』『かわうそ堀怪談見習い』『千の扉』『公園へ行かないか? 火曜日に』など。『寝ても覚めても』が東出昌大主演、濱口竜介監督で映画化されカンヌフェスティバルに出品された。2018年9月1日公開。書籍の増補新版も刊行されている。

つかのまのことのその他の作品

つかのまのこと Kindle版 つかのまのこと 柴崎友香

柴崎友香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする