つかのまのこと

  • KADOKAWA
3.42
  • (6)
  • (13)
  • (20)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040650630

作品紹介・あらすじ

作家・柴崎友香が俳優・東出昌大をイメージし純文学小説を執筆。さらに、<物語>に合わせ写真家・市橋織江がその世界観を撮り下ろし。作家、俳優、写真家。各界で第一線を走るクリエイター3者が集結し、<一冊>を作り上げた、“新しい純文学”。

「わたしのほうが幽霊である、と気づいたのは、早い時期であったように思う。」かつての住み家であったのであろう、“この家”を彷徨い続ける“わたし”。その理由がわからないままに時は移り変わり、家には次々と新しい住人たちがやってくる。彼らの光景を見守り続ける“わたし”は、ここで、いったい何を、誰を待っているのか――。ラスト、あなたはその<結末>に、きっと涙する。あなたは、大切だったあの人の“顔”を、覚えていますか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 柴崎友香×市橋織江×東出昌大のコラボ。小説と写真、そこに東出君のキャラクターがどう作用するか気になり手に取ってみた。
    柴崎さんの独特の浮遊感漂う文体が、とても心地よい。現実なのか非現実なのか、今なのか過去なのか…日本家屋に住み着いている幽霊の目を通して描かれる情景が少しシュールで、それでいてどこか寂しさと切なさを帯びている。
    しっとりとした余韻の美しい作品だ。

  • 『幽霊が現れたり消えたりするように、わたしにもほかの人間が見えたり見えなかったりする。人々だけでなく、世界の全体が遠のいて、虚空に投げ出されたような心地になる』

    夢十夜の第一夜を彷彿とさせるような味わい。柴崎友香が踏み出した新しい境地を伺う思いがする。如何にも主人公の男性であるような男優の写真が少しうるさいような気にもなるけれど、写真が伝えるものは文章が描き出そうとするものを邪魔する訳ではない。一瞬でもなく永遠でもない。そんなふうに写真のフレームに封じ込められたものは、短篇小説の言葉の世界と良く共鳴している。

    デビュー以来、作家自身と同じような世代の等身大の主人公を描くことの多かった作家が描いた怪奇譚という種はこんなふうに開花するのか。あるいはアイオワの地で受けた刺激が作家のパレットの色味を広げたのか。百年待った訳ではないけれど、その花の放つ淡い色の力がしんしんと伝わって来る。香りではない。薄い蒼の滲んた白の持つ力。輪郭も曖昧なその色と周囲の空気との交わり。ただただ拡散してゆくだけのこと。そんな小説を柴崎友香はいつの間にか書くようになっていたのだなと、苔の上に座っていた男のように気付く。傑作。

  • 彼(そもそも男なのか?)にとっては、この家族が引っ越して去っていく間も、言うなればつかのまのことなんでしょう。
    古いおうちって本当に少なくなりました。この、本当にいい家が、取り壊されずに、次の人がやってきますように。

  • 柴崎さんの作品『寝ても覚めても』に主演したということで、今回は東出昌大をイメージした作品。東出昌大の写真集みたい。

  • NHKの朝ドラ「ごちそうさん」の頃から東出くんが好きで、そんな彼をモデルにして書かれた小説があると知り、手に取った。中身は東出くんの写真と小説が一緒にまとめられている。東出くんをモデルにした「わたし」は幽霊で、自分の事はなにも思い出せない。ただ、家に住んでいる人々を見守る日々。特にこれといった大事件は起きず、不思議なお話です。でも、時々、「はっ!」とさせられる文章に出会えます。まるで、この小説自体が「幽霊」みたいだと感じた。

  • あたたかい、さみしい、せつない、、、色んな感情を抱きながら読みました。
    1人で静かな部屋で読むと、すっと入り込んできました。

  • 2019 2/3

  • 東出昌大をモデルにしたと思われる幽霊が登場する。
    「つかのまのこと」のとおり、幽霊が居ついている古い日本家屋の住人の移り変わりも、幽霊からしてみればきっとほんの短い間だったんだろうと思う。静かに淡々と過ぎる一日とも認識していないような日々。実際にそこかしこにそういう存在がいるんじゃないかと、ふと考えてしまった。

  • 柴崎友香の幽霊の話は大好物です。もっとこういうの読みたい。

  • 文学と俳優さんの写真を合体しており、東出さんの雰囲気と文体がわりとマッチしていました。しかし、写真は写真、小説は小説で分けた方が集中できるかなぁ、と。この世に未練があったのでしょう。家に住みついている幽霊が家の移り変わりを見届け、やがて一番会いたかった人にようやく出会うまでのストーリーはちょっぴり切なかったです。

全26件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

柴崎友香

1973年、大阪府生まれ。99年「レッド、イエロー、オレンジ、オレンジ、ブルー」が文藝別冊に掲載されデビュー。2007年『その街の今は』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、10年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞、14年「春の庭」で芥川賞を受賞。その他の小説に『パノララ』『かわうそ堀怪談見習い』など、エッセイに『よう知らんけど日記』ほか、著書多数。

「2020年 『千の扉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柴崎友香の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×