ディーふらぐ! 15 (MFコミックス アライブシリーズ)

著者 :
  • KADOKAWA
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040659220

作品紹介・あらすじ

柴崎家に落ちた隕石のパワーを抑えるために、いつものメンバー(+モブ)が地鎮祭を決行! そして風間家に居候していた高尾部長がついに帰宅! しかも堅次と一緒に!? 心臓の高鳴りはときめきか、それとも――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本作の魅力の一つに濃いモブがやたら出しゃばって来る点が挙げられるのだろうけど、地鎮祭に集まったモブ共は欠片も役に立たなかったな!なのに主張が強い!
    あのシーンで役に立ったモブって千歳を止めた近所の人くらいなものじゃないか……?

    それはさておき、同棲編が始まってから高尾の芦花への対抗心が燃え上がって、更には前巻から船堀も参戦して…というラブコメ的には美味しい展開のはずなのにラブコメ成分が全く主張してこないって逆に面白いのかも知れない
    というか、そうこうしている内に高尾との同棲が終わってしまうという……
    本当に何でこの子は風間家に飛び込んできたの……?

    と、思っていただけにまさかこの流れから高尾の独擅場が始まるとは思わなかったよ!
    クローゼットへの閉じ込めに高尾の私室来訪とラブコメ的にかなり美味しい展開だったのでは?
    自分の部屋に風間を招いてしまった衝撃からテンションが変になった挙げ句、風間の顔をまともに見れなくなる高尾の様子は大変ニヤニヤ出来るものですよ!
    ……まあ一方で誰得の風間女装とか武士語になる高尾とかいつものノリのギャグ展開は有ったけども
    化粧はしっかりやってるのに名前が「風間子ちゃん」とか中途半端に雑すぎて面白い(笑)


    高尾との同棲は終わったけど、誰にも言えない二人だけの秘密が出来て…
    もう少しこの二人はラブコメ的な意味で進展したりしないのかなと期待してしまうが……
    多分そんな展開は全く来ないんだろうなぁ(笑)

全1件中 1 - 1件を表示

春野友矢の作品

ツイートする
×