母親だから当たり前? フツウの母親ってなんですか

著者 :
  • KADOKAWA
4.11
  • (3)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784040659923

作品紹介・あらすじ

平凡だけど幸せな日々…の、はずだった。

舞台は、とある自動車産業が盛んな地方都市。
どこにでもいそうなフツウの主婦・あかりは、夫・平太の義両親と敷地内同居をすることになる。
「お義母さんもお義父さんも良い人だし、きっとうまくやっていける」

ところが、
「母親だったらそれくらい当たり前でしょ?」
「妻ならこうするものだ」
と、義両親や世間から目に見えない圧を感じ、苦しめられる。

令和になってもこびりつく昭和の価値観。子育てに夫のサポート、仕事との両立…女の幸せはどこに!?
「ママの求人」サイトで大反響の話題作が書籍化!
あかりと平太のなれそめや、義両親のその後など、オリジナルのエピソードも収録しています。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 読みやすいコミックエッセイ。
    登場人物それぞれ(主人公=妻、夫、姑、舅)の視点で見ているので、
    「あぁぁ、姑から見ると、そう見えちゃってるよね……」とか
    「夫はこんな風に考えてたのか……」などと、ちょっと俯瞰して見られる。
    しかし、敷地内同居なんて、やっぱり私にはムリムリムリ……。

  • 妻、夫、義母、義父それぞれに、お互い見えないところでいろんな想いや葛藤を抱えながら生きているということを教えてくれる本。

    本書では、いろいろあったけど最終的にはそれなりにハッピーエンド。
    現実はこんなに上手くいかないのだろうけどね。
    互いが互いを理解すると言うことはなかなか難しい

  •  夫の実家の敷地内に新居を建てたあかり夫婦。最初は
    うまくやっていけると思っていたが…。
     家族それぞれの思い込みが、だんだん家庭内に暗雲をよびこんでしまう。

     ダメ嫁っぽいあかりちゃんだけど、前向きに生きる姿に何だか力をもらえました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

3人の子どもを育てる主婦マンガ家。ライブドア公式ブログ「規格外でもいいじゃない!!」をほぼ毎日更新中。著書に 強迫性障害の夫との日常を描いたコミックエッセイ「規格外な夫婦」(宝島社)がある。

「2020年 『母親だから当たり前? フツウの母親ってなんですか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

龍たまこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
加藤シゲアキ
菊池 真理子
宇佐見りん
芦田愛菜
ジェーン・スー
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

母親だから当たり前? フツウの母親ってなんですかを本棚に登録しているひと

ツイートする
×